Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

難病の市議に渡った「挑戦のバトン」 筋ジストロフィー患者、障害感じぬ社会へ全力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 昨年11月、埼玉県桶川市に全身の筋肉が衰えていく難病「筋ジストロフィー」患者の市議会議員が誕生した。浦田充(うらた・みつる)さん、27歳。電動車いすで生活する浦田さんが政治家を目指した背景には、同じ病で選挙に挑戦した先輩の姿があった。「挑戦のバトン」を受け取った浦田さんは、障害を感じずに暮らせる社会を実現するため全力を注ぐ。(共同通信=沢田和樹)  ▽役に立ちたい  浦田さんは幼稚園のころに転びやすいなどの症状が出始め、小学1年生で筋ジストロフィーと診断された。車いす生活になり、5年生で養護学校(現在の特別支援学校)に転校。「仲の良い友だちと遊ぶ機会が減り、養護学校の同級生は2、3人。孤独感を覚えた」と振り返る。なぜみんなと同じ学校に行けないのか。普通校への思いは募った。  「バリアフリー環境が整っていない」「適切な支援ができない」。さまざまな理由で受験できない高校や大学は多かったが、逆境をはねのけ、普通校の県立上尾高に合格。大学は立正大法学部に入学し、2015年に首席で卒業するほど勉学に励んだ。

 就職活動では、車いすで会社説明会や試験に行く必要があり、大きな負担だった。なかなか内定も出なかったが、苦悩をフェイスブックに書き込んだことが企業の担当者の目に留まり、ウェブデザインを手掛ける会社に就職。16年には障害者向けの旅行企画を提供する代理店を立ち上げた。  「人の役に立つ仕事がしたい」。浦田さんは将来を考えるに当たり、漠然と政治家への思いを持っていた。受験や就活と違い、選挙ならば門前払いされず、条件を満たせば誰でも立候補できる。政治家になれば、自身の経験を基に政策を提言できる。ただ、行動を起こせずに時間が過ぎていた。  ▽渡ったバトン  背中を押したのは、昨年4月の千葉市議選に立候補した介護事業所経営者で同じ病の渡辺惟大(わたなべ・ただひろ)さん(33)の姿だった。  渡辺さんは小学生のころから千葉市で暮らしてきた。東京五輪・パラリンピックの開催都市でもある市を障害者や高齢者、外国人など多様な人が暮らしやすい街にしたいと考え、市議選への立候補を検討したが、政党の後ろ盾なしで新人候補が勝てるほど甘くないことも分かっていた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS