Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラッグストアが食品流通で存在感増す POSデータを分析

配信

日本食糧新聞

新型コロナウイルス対策としての外出自粛要請を受けて、食品の在宅消費は拡大が続いている。特に加工食品の販売が大きく伸びている。学校の休校が要請された2月24日週の加工食品の販売は、食品スーパーでは前年比20%増だった。ドラッグストアでは、同45%増とさらに大きく上回っている。食品流通におけるドラッグストアの存在感は、年々増してきている。

食品販売拡大の要因は店舗増・大型化・購買層変化

ドラッグストアの食品販売が拡大する要因は三つあると考えている。 一つ目は、店舗数の増加である。日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の推計では最近10年間で、1.3倍に増え、2万店を超えている。 二つ目は、新規出店店舗が大型化していること。150坪(約500平方m)以上の店舗は、10年前に比べ5000店以上増え、約1.7倍となった(JACDS推計)。このため、小規模の店舗では扱いが限られていた食品などの購買頻度の高い商品の売場が増えている。 三つ目は、購買層の変化が想定される。KSP-SPでは、ドラッグストアにおける食品の販売動向を確認するために、ドラッグストアでの食品データを収集し、提供を始めている。データの収集店舗は、比較的食品扱いの多い店舗を対象に全国で約380店舗の協力を得ている。2019年9月から2020年2月のデータを用いて、ドラッグストアの特徴を紹介する。

冷凍食品や調理品の伸びが大きく

食品の販売構成を食品スーパーと比べると、ドラッグストアでは加工食品の販売金額構成比が35.4%と、食品スーパーの53.8%と比べると少ない(図1、図3)。しかし、店舗面積が広くなることによって構成比は高まるため、今後増えると考えられる(図3)。 加工食品の中での販売構成は、パン・シリアル類、麺類、冷凍食品などが上位を占めている(図2)。いずれも前年同期の販売実績を上回っており、特に冷凍食品(前年比約7%増)、調理品(同)の伸びが大きい。 あまり調理の手間のかからない時短型商品の割合が多いようだ。一方、調味料の中で大きなウエートを占める鍋つゆなどは、具材と合わせて買われることが多く、生鮮食品などの扱いが限られているドラッグストアでは不利なようだ。小規模の店舗では鍋つゆの扱いは限られている。 主力な商品カテゴリーの特徴、動向を紹介する。パン・シリアル類、パンの中でも菓子パン、調理パンの構成が高く、合わせて72%となっている(食品スーパーでは60%)。シリアルは、フルーツグラノーラが定着しているが、コーンフレークに動きが見られる。特に、チョコレートが掛かったタイプなどおやつに近く、若年層に支持される商品が好調。 麺類では、カップ麺とインスタント袋麺が中心で麺類の78%を占める。食品スーパーでは生麺・ゆで麺が3割あるのに対して、ドラッグストアは14%にとどまっている。乾麺、スパゲティの構成比は低いものの、販売は拡大傾向。 冷凍食品では、即食性の高い冷凍麺類や冷凍米飯加工品の構成が食品スーパーに比べると若干高い(38%、食品スーパー31%)。麺類の動向と合わせると、調理済みのスパゲティや冷凍うどんがドラッグストアではよく購入されているようだ。 調理品では、調理済みカレー(レトルトカレー)がカレールウ・カレー粉の2倍以上売れている。食品スーパーでは、カレールウ・カレー粉の方がわずかに多く、大きく比率が異なっている。また、カレールウでは、いくつかのブランドで中辛より甘口が売れる傾向がある。また、レトルトカレーでも、アンパンマンやプリキュアなどキャラクターのついた幼児用の少量タイプのランキングが食品スーパーに比べて上位にランキングされている。 このほか、かまぼこ(前年比16%増)、ちくわ(同8%増)、魚肉ソーセージ(同14%増)などが前年に比べ売上げを伸ばしている。かまぼこは、カニ風味かまぼこが市場の中心になっており、ちくわ、魚肉ソーセージとともに、サラダのトッピングやおつまみとして利用できる商品だ。 食品市場のトレンドは、和食より洋食を好む傾向(洋食化)、魚より肉食を好む傾向(肉食化)と簡便や時短を好む傾向(簡便志向)がある。 この三つに、健康志向を加えたものが大きなトレンドで、この上にさまざまなフレーバーの流行が加わって、その年のヒット商品が生まれてきている。ドラッグストアでの販売の特徴は、食のトレンドに合ったものの構成が高く、売上げを伸ばしているように思える。

【関連記事】