Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リニア専門家会議 国交省、静岡県推薦の2人にNOで川勝知事「極めて遺憾、再考求める」

配信

静岡朝日テレビ

 リニア中央新幹線の新しい専門家会議の委員をめぐり、国交省は最終的な委員構成を発表しました。静岡県が推薦した2人は、受け入れられませんでした。 国交省 水嶋智鉄道局長:「国として判断した結果を、きょう静岡県に示した」  国の主導で新たに設置される専門家会議の委員をめぐっては、中立性に疑問があるとして、静岡県は独自の公募で選んだ2人を国交省に推薦していました。  国交省はきょう16日、最終的な委員構成を発表し、この2人について明確な推薦理由が示されておらず、他の候補者と専門性が重複しているとして、県の提案をはねのけました。 国交省 水嶋智鉄道局長:「静岡県としてなぜ新たな人を加える必要があるのか、説得力のある積極的な理由が示されていない」  県が中立性に疑いがあると指摘した委員については、県との信頼関係を重視するとして撤回しました。  一方、川勝知事は、「2人は高い見識があり、国交省が示した委員とも重複しない。選定されなかったことは極めて遺憾で再考を求めたい」としています。  また、水嶋局長はリニア開通の早期実現のため、JR東海社長と知事とのトップ会談を求めました。 国交省 水嶋智鉄道局長:「JR東海の金子社長においては早期に直接、静岡県知事にも話していただき、リニア事業の置かれている状況について、静岡県知事の理解を得るように努めていただきたい」  一方、JR東海の金子慎社長も16日の会見で、川勝知事との面談に意欲を示しました。 JR東海 金子慎社長:「切迫した状況なので、この状況を踏まえて、川勝知事に会ってお話ししたいと申し入れた。いまの膠着している問題の解決につなげていきたい」  また、国が主導する専門家会議については。 JR東海 金子社長:「会議に真摯に対応して、問題の解決をめざしたい」  専門家会議は新型コロナを考慮して、今月最終週にテレビ会議の形式で行われる方針です。