Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最新「iOS13.5」がリリース。マスク着用時のロック解除がスムーズに

配信

bizSPA!フレッシュ

 アップルは5月21日(米国時間3月20日)に、iOSデバイス向けのOS「iOS13.5」のアップデートを公開しました。同時にiPadOS13.5も公開されています。  今回注目すべきは、新型コロナウイルスの接触追跡アプリ用のAPIの追加や、マスク着用時のロック解除の簡略化など、世界中で猛威をふるう新型コロナに対応した機能です。

iOS13.5のアップデート内容

 iOS13.5のリリースノートは以下のとおり。バグの修正についての紹介は省略します。 <iOS13.5の主なアップデート内容> ■ Face IDとパスコード ・Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化 ・マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示 ・App Store、Apple Books、Apple Pay、iTunesや、Face IDでのサインインに対応するその他Appでの認証時にも使用可能 ■ 接触通知 ・公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知API ■ FaceTime ・グループFaceTime通話で参加者が話しているときにビデオタイルのサイズが変更されないように、自動的に目立たせる機能を制御できるオプション

マスク着用時の「ロック解除」がスムーズに

 これまで、Face IDによるロック解除を採用しているiPhoneX以降の機種では、マスクを着用したまま解除しようとすると、パスコード入力画面に移り変わるまでに1秒ほど顔を認識しようとする“ラグ”が生じていました。  そのため、毎度のようにマスクを一度外してFace IDを利用したり、少し待ってからパスコードを入力することにストレスを感じていた人も多いのではないでしょうか?  今回のアップデートでは、マスクをしたままロックを解除しようとすると、一瞬でパスコード入力画面に移り変わるようになっています。1日に何度も行うロック解除が快適に行えるのは嬉しいことですね。

【関連記事】