Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

島根スサノオマジックへ移籍する白濱僚祐「秋田で得た自信と学んだことをブラさず島根でも」

配信

バスケット・カウント

「島根さんは僕をすごく必要としてくれていると感じました」

文=佐保めぐみ 写真=B.LEAGUE 先日、白濱僚祐の島根スサノオマジックへの移籍が発表された。白濱はBリーグ開幕初年度から4シーズンを秋田ノーザンハピネッツでプレーし、キャプテンを務めた今シーズンは32試合に出場して、コート内外においてチームを支えていた。秋田では降昇格を経験したが主力としてプレーし、選手としても成長を遂げた白濱に、移籍の経緯や秋田での4年間のことを聞いた。 ──先日、島根への移籍が発表されました。移籍の経緯を教えてください。 プロの世界なのでいろいろとありますが、環境を変えて今までとは違うバスケットを学びたいと思いました。新たな環境で自分がどれぐらい活躍できるのかを知りたかったのもあります。秋田はこれからもっともっと強くなると思っていますし、良い選手も入ってきてどんどん成長していくチームだと思っているので、秋田で続けたい気持ちもありました。それでも、一番熱くオファーしてくれたのが島根でしたし、プロである以上は必要としてくれるところでバスケットをしたいという気持ちがありました。 話を聞いて、僕を必要としてくれていると強く感じることができたのが一番の決め手です。島根はバスケットを見てもディフェンスに力を入れていて、ディフェンスのチームを作る方針を感じます。チームからもそこを求められているので、僕自身も強みを上手く出していきたいです。 ──確かに島根はディフェンスレーディングも良く、勝敗は別として失点数は抑えられているイメージがあります。そこに白濱選手が加入することで、どんなプラスアルファを加えられると考えていますか?  秋田ではペップ(ジョゼップ・クラロス・カナルス)前ヘッドコーチの時から、レベルの高い激しいディフェンスを体現してきました。もちろん、島根のチームスタイルに合わせながらですが、秋田で学んだアグレッシブな気持ちや激しさを上手く表現していきたいです。そういうところを生かすことで、僕が入って少しでもチームとしてのインテンシティが上がれば良いなと思っています。 ──秋田で培った軸をブラさずに、さらに成長を遂げるということですね。 そうですね。本当に秋田には自分の良さを理解して上手く使っていただいていました。そのおかげで自信をつけることもできましたし、今までやってきたこと、特にディフェンスは間違っていなかったとすごく実感しています。なので、この自信と学んだことはブラさずに島根でも発揮していきたいです。

【関連記事】