Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中京で行なわれるセントウルS。 同舞台を得意とする古豪の一発がある

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webスポルティーバ

◆「ウイニング競馬」MC森香澄アナのフォトギャラリー>> ダービージョッキー大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 【写真】中京開催のセントウルSだからこそ、狙える馬  夏の札幌、新潟、小倉開催が終わって、今週から競馬の舞台は中山と中京へと移ります。いわゆる、秋競馬のスタートです。  いきなり3つの重賞が組まれていて、土曜日には中山でGI秋華賞(10月18日/京都・芝2000m)の前哨戦となるGIII紫苑S(9月12日/中山・芝2000m)が、日曜日には中山でGIII京成杯オータムハンデ(9月13日/中山・芝1600m)が、中京でGIスプリンターズS(10月4日/中山・芝1200m)の前哨戦となるGIIセントウルS(9月13日/中京・芝1200m)が行なわれます。  そのうち、今回はセントウルSを取り上げたと思います。  ズバリ、最大のポイントとなるのは、今年は阪神競馬場ではなく、中京競馬場で行なわれることです。右回りの阪神と左回りの中京とでは、明らかに勝手が違いますからね。また、スプリンターズSの前哨戦が、春のスプリントGI高松宮記念と同じ舞台で行なわれるというのは、興味深いところです。  さて、過去2年はファインニードル、タワーオブロンドンとセントウルSを快勝した馬が、そのまま本番のスプリンターズSでも勝利を飾りました。今年は舞台が変わって、本番に直結するかどうかはわかりませんが、前哨戦のここでは、ダノンスマッシュ(牡5歳)、ミスターメロディ(牡5歳)、ビアンフェ(牡3歳)の3頭が、やや抜けた存在と見ています。  なかでも、ダノンスマッシュからは、トライアルなら「勝って当然」といった貫禄、風格が感じられます。短距離重賞はすでに5勝をマーク。そのうち4勝は、GIの前哨戦にあたるレースで挙げたものです。GIになると結果が出ないのは悩ましいところですが、この路線で最上位の力を持っていることは間違いないでしょう。  中京コースでは、3歳時のGIIIファルコンS(中京・芝1400m)で完敗を喫し、高松宮記念でも昨年4着、今年10着と、2年連続で人気を裏切る結果に終わっています。決して、相性のいい舞台とは言えません。

【関連記事】