Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

黒人を描いたNHKのアニメ動画はなぜ差別的で、「許されない」表現なのか

配信

ハフポスト日本版

「首を押さえつけられ、死に至った黒人男性を、自分の息子、父親、もしくは兄弟と重ねて見ることができないのであれば、なぜBlack Lives Matterが起きているのか説明する動画は作るべきではありません」 【ツイート】偏見や差別を助長しかねない...黒人を描いたNHKのアニメ動画 NHKのニュース番組「これでわかった!世界のいま」が公式Twitterアカウントに投稿したアニメーション動画について、アフリカ系アメリカ人の作家バイエ・マクニールさん(@BayeMcneil)はそう語る。 動画をめぐっては、黒人を差別的に描き、アメリカの人種差別に触れずに抗議デモの背景を説明しているとして、批判が殺到した。 同局は「配慮が欠け、不快な思いをされた方にお詫びいたします」と謝罪したが、マクニールさんは、「ただ謝罪をしただけで、問題の本質には向き合っていないと感じた」と指摘する。動画が浮き彫りにした問題とは何なのか。

どんな動画で、何が問題だったのか

問題のアニメ動画は、NHKが毎週日曜日に放送している番組「これでわかった!世界のいま」の公式Twitterが6月7日に投稿した。 白いタンクトップを着た筋肉質の黒人男性や、怒りをあらわにする黒人の人々が登場し、「黒人の怒りが噴き出していること」について、「背景には黒人と白人の貧富の格差がある」と説明する内容だ。 動画には、主に以下の2つの点で批判が巻き起こった。 1, 抗議デモの背景には、奴隷制度時代から続く白人優越主義や、白人による黒人への暴力の問題があるにも関わらず、「経済的な格差」という側面のみに焦点を当てている 2, 「怒れる黒人」という偏見を助長するような描き方など、黒人をステレオタイプ的かつ差別的に描いている

「『攻撃的な黒人』という偏見を助長させる」

NHKが9日に発表した声明によると、動画は同日放送の「拡大する抗議デモアメリカでいま何が」の中で放映したもので、番組内では、全米で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ、黒人の命を守れ)」抗議デモの発端であるジョージ・フロイドさんの事件などを説明したという。 しかし、ツイッターに投稿された動画では、「#抗議デモ」というハッシュタグをつけているにも関わらず、事件に一切触れず、経済的な問題が抗議の原因となっていると説明していた。 アメリカ・ニューヨークのブルックリンに生まれ育ち、2004年に来日したアフリカ系アメリカ人のマクニールさんは、「最も重要な問題を不正確に表現している」と指摘する。

【関連記事】