Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スーパーやドラッグストアの周辺の混雑傾向が分かるサイト「お買物混雑マップ」公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

リアル行動データプラットフォーム運営のunerryは、スーパーやドラッグストアなど全国約2万8000店の店舗や周辺の曜日・時間帯別の混雑傾向が分かるウェブサイト「お買物混雑マップ Powered by Beacon Bank」を公開した、と5月7日発表した。無料。メディアへのデータの提供も始め、ニュースアプリ「グノシー」で近く利用可能になる。 新型コロナウイルスへの感染防止のため「密閉」「密集」「密接」の「3密」を避ける行動が求められていることから公開した。身近な店舗近辺の通常より混んでいる曜日・時間帯の傾向を消費者が知ることで買い物時間が分散され、感染拡大抑止につながると考えた。スマートフォンの位置情報を基に店舗近辺約100mの混雑状況をAIで解析する。 直近4週間で最も混雑する1時間あたりの人数を基準に、時間帯ごとに「いつもより空いている」「通常程度」「通常より混雑」に分類した。全ての店舗を網羅的に記載したサイトではなく、店舗の営業の有無や営業時間は考慮していない。今後は人の流れの変化などに応じた機能向上を継続的に実施するとともにメディアへのデータ提供を進める。