Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スマートファクトリー化に向けてローカル5G実証実験を開始、川崎重工など3社

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MONOist

 川崎重工業とベニックソリューション、オプテージは2020年9月3日、ローカル5Gを活用した実証実験を実施すると発表した。同年8月に「無線局予備免許通知書」を受領しており、実験試験局の本免許取得に向けて準備を進めている。  同年10月から川崎重工業の播磨工場で実施する実証実験は、ローカル5Gを活用したスマートファクトリー構築に向けたものだ。同工場では、熟練作業者の研削やバリ取り、表面仕上げを遠隔操作で再現するロボットシステム「Successor-G」を運用しているが、同工場内にローカル5Gの設備を設置し、Successor-Gに高精細画像を無線伝送した場合の操作性を検証する。  今回の実証実験では、川崎重工業が試験設備の構築などプロジェクトの統括を担当する。ベニックソリューションは工場内のネットワークや情報システムの構築を、オプテージはローカル5Gのコア、無線設備の構築や運用、電波伝搬試験などを担う。  将来的には、ローカル5Gの設備を設置した工場間や、高速光通信で接続した工場と建設現場間での遠隔操作を実用化し、労働力不足への対応や熟練者の技術伝承、リモートワークなどに役立てる。

MONOist

【関連記事】