Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自転車で買い物派に高評価「フェリシモ」大容量レジかごバッグで時短効果

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

2020年7月、経済産業省の「プラスチック製買い物袋有料化2020年7月1日スタート」発表により、レジ袋の有料化がスタートしました。プラスチックの過剰な使用を抑制するという目的のもと、コンビニやスーパーなどプラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者が対象となっています。 このような変革が求められるなか、私たち消費者の中ではエコバッグを持ち歩く人が急増し、特にその中でもかごに設置すれば入れ替え作業が不要なレジかごバッグに人気が集まっているようです。 今回はそんなレジかごバッグの中でも、特に自転車で買い物をする人におすすめのレジかごバッグについて紹介します。

自転車派のエコバッグを選ぶポイントは?  

まず自転車で買い物をする人はどのようなポイントでレジかごバッグを選べばよいのでしょうか。1つ目に大事なのは「厚手の生地であること」です。買い物袋を自転車かごに入れる場合、自転車の震動が食品に直結してしまいます。ガタガタ道を通ったとしても、車輪で石を踏んでしまったとしても、その震動が伝わりにくいような厚手生地のエコバッグを選ぶといいでしょう。 2つ目に大事なのは、「上部が絞れること」です。1つ目と同じく、自転車の震動を受けて食品類が外に飛び出してしまわないように、エコバッグの口の部分を巾着のように絞れるタイプを選ぶことをおすすめします。

ガタガタ道も安心!フェリシモの究極レジかごバッグ 

1つ目のおすすめレジかごバッグは、フェリシモのコンパクトにまとまる 「自転車かごにピッタリ! 底クッション付きでかエコバッグの会」(税込1,760円)です。 こちらのレジかごバッグはなんとバッグの底にクッションが入っており、自転車走行時の衝撃をグッと軽減してくれるのが特徴です。また、上部の口が絞れるようになっているのでたくさん詰め込んでも飛び出しの心配が不要です。大きさは縦約31cm(持ち手含まず)×横約35cm×マチ幅約24cm(底部)というサイズ感で、自転車かごにもぴったりフィットします。またそんなに大きいサイズなのにも関わらず、重さは約180gの超軽量なのも嬉しいポイント。撥水加工も施してあるため、急な雨にも安心です。

【関連記事】

最終更新:
LIMO