Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウィズコロナ時代に必要な「人文学」とは?京大・出口教授が語る「いま立ち止まって考えること」の重要性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

「生き方を変えろ、社会を変えろと言われても、これまでの延長線で考えたところで答えは出てこない。これまで歩いてきた道が、足もとからフッと消えてしまった。それが今の我々の状況です」 【全画像をみる】ウィズコロナ時代に必要な「人文学」とは?京大・出口教授が語る「いま立ち止まって考えること」の重要性 こう話すのは、京都大学大学院文学研究科で哲学を専門とする、出口康夫教授だ。

明日使える情報に飢えている今、一度、立ち止まる必要性がある

2月中旬頃から、日本はもちろん、世界各国が飲み込まれた新型コロナウイルスのパンデミックの渦。 日々、さまざまな情報が駆け巡り、状況が変わっていった。 「コロナ禍では差し迫った情報、いわゆる“How to”の情報が多くなります。『感染しないためには』『人にうつさないためには』そして『社会を再建するためには』というようなものです。 切実な問題だからこそ、具体的なソリューションが世の中にあふれています。我々もそれを求め、明日使える情報に飢えているような状況が続いています」(出口教授) 出口教授はその一方で、変わりつつある社会に戸惑う人々の心に目を向ける。 「私達の日常の生活のあり方、社会のあり方自体がこのままではいかなくなりました。『大きく変わっていく』という漠然とした気持ちが、広く共有されているのではないでしょうか」 しかし、どう変えればよいのか、正直なところ分からない。だからこそ今、「立ち止まって、考える」ことが必要なのだという。

今、必要な「人文学」

出口教授をはじめとした京都大学の人文学系の有志研究者らは、7月4日(土)から約2カ月の間、毎週土日に無料のオンライン公開講座「立ち止まって、考える」を開講。 「コロナパンデミック」「ウィズ・コロナ」「アフターコロナ」をキーワードに、人文学的視点に立って、大きな変化が求められる現代に必要な、新たな「視座」の提案を図る。 なぜ今、人文学が必要とされるのか。 出口教授は、 「人文学は自然科学とは異なり、個々のソリューションを見いだすものではありません」 という。 たとえば、医学なら「新型コロナウイルスに感染しないためにはこうすればよい」という科学的事実をベースにした回答(ソリューション)を見い出すことができるが、人文学にそういった回答は期待できない。 ただし、岐路に立っている今だからこそ、人文学の視点が重要になると出口教授は指摘する。 「何をするにしても、『そもそも良いこととは何なのか?』『幸せとは何なのか?』を考えなければ、追求すべきソリューションは見い出せません」(出口教授) 直近の問題を解消するためのソリューションは、いわば「ベクトル」。ある種の方向性を持っているものだ。 ただし、ベクトルによって示された方向にどんな意味があるのか、プラスなのかマイナスなのかを決めるのは、その背景にある「座標」だ。 出口教授によると、同じように私たちの生活にも一定の座標軸(いわば価値観のようなもの)があり、その前提があって初めて、どういった方向性(ベクトル)のソリューションが必要なのかを見い出すことができるという。 人文学とは、この「座標軸」に関わる学問だといえる。 考えてみると、緊急事態宣言が発令される前後、社会では「感染対策」が最大の善だとみなされていた。いわばこれも一つの座標軸だ。だからこそ私たちは、外出自粛や休業などの取り組みを「ソリューション」として許容してきた。 しかし、経済の再建を始め、ウィズコロナがキーワードとなった今となっては、それに固執することは必ずしも良いソリューションとは言えない。 「人文学は、人類が到達してきたさまざまな『座標軸』を提供して、その中から方向性を見出していく学問です。近視眼的なこと(コロナにかからない)についての方向性はすでに明確になっています。 ただ、その中で『どんな生き方をするのか』と聞かれたときには、人類が蓄積してきたこれまでの座標軸を見て考えるしかありません」(出口教授) 人類がこれまで辿ってきたさまざまな世界と、そこに存在した座標軸を学ぶことは、今必要とされる「新たな生活様式」における「座標軸」を見い出す上で、大きなヒントになるはずだ。

【関連記事】