Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミック・ジャガーとキース・リチャーズが語るバンド屈指の問題作、再びステージに立つ覚悟

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

バンド史上屈指の問題作『山羊の頭のスープ』の豪華リイシュー、ロックダウン下の日々、そして尽きることのない創造力について、ローリング・ストーンズの2人が語った。 【貴重写真を見る】ローリング・ストーンズ、ビル・ワイマンが撮った知られざる素顔 少し前、ミック・ジャガーの元にレーベルの人間から連絡があった。ローリング・ストーンズの1973年作『山羊の頭のスープ』の再発に向けて資料を整理していたところ、クルーが複数の未発表音源を発見したという。「その知らせを聞いた時、気が重くなったよ」ジャガーはそう話す。「未発表曲が出てくると、何かと仕事が増えるんだ。気に入らなくて投げ出したものを、改めて突きつけられるような感じさ」 しかしその音源を聴いて、ジャガーの考えは変わった。「実のところ、かなりいい出来なんだよ」彼はそう話す。ほどなくして、ヨーロッパの田舎町にある自宅で隔離生活を送りながら、彼は47年ぶりに「All The Rage」の歌詞を書き始めた。「つい先週レコーディングしたかのように、難なく仕上がったよ」ジャガーはそう話す。「“俺のマラカスはどこだ? この辺に置いといたはず”」 『山羊の頭のスープ』の制作に着手した時、ストーンズは大きな不安を抱えていた。大成功を収めた『メインストリートのならず者』のツアーの後、メンバーたちは世界各地に離散する。数カ月後の1972年末、彼らはジャマイカのキングストンで再会し、過去のどの作品とも異なるダークなグルーヴに満ちた音楽を作ろうと動き始めた。そのセッションは、ドローン調の実験作「全てが音楽」、トリッピーなバラード「夢からさめて」、猛り狂う「ダンシング・ウィズ・ミスターD」等を生み出した。当時の批評家たちからは評価されず、ほどなくしてバンドは同作からの楽曲の大半をライブのセットリストから外した。「『メインストリートのならず者』のように人気のあるレコードじゃないことは確かだ」ジャガーはそう話す。「俺自身、妥当な評価だと思ってるよ」

【関連記事】