Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

うがい薬でコロナ対策、根拠とされる研究には欠陥も。専門家「ズルをしてはダメなんです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

大阪府の吉村洋文知事が、殺菌効果のあるポビドンヨードが含まれたうがい薬で新型コロナウイルスへの感染が少しでも抑えることが期待できると使用を呼びかける記者会見を行い、批判が相次いでいる。【BuzzFeed Japan / 千葉 雄登】 世界保健機関(WHO)の直轄機関「WHO神戸センター」が8月5日、「科学的根拠はない」との見解をTwitterに投稿。 薬剤師の児島悠史さんはBuzzFeed Japan Medicalの取材に対し、「会見で発表されたのは、療養者が『ポビドンヨード』でうがいをすると唾液PCR検査の陽性頻度が下がる、というものでした。ただ、これだけではうがい薬に色々な効果があるとは、まだ言えないと思います」と語る。 そんな中、吉村府知事の発表の根拠となっている研究に対する問題点の指摘も少なくない。 「ホテル宿泊療養におけるポビドンヨード含嗽の重症化抑制にかかる観察研究について」という大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターの研究には一体どのような問題があるのだろうか。 臨床研究に詳しいがん治療の専門家、日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授・勝俣範之医師に話を聞いた。

「この結果をもとにイソジンを買いなさいということは絶対に言ってはいけない」

勝俣医師は新型コロナウイルス感染症の感染予防の方法や治療法を探るために、こうした研究をやること自体は問題ないとした上で、この研究は「今後の研究を進めるための取っかかり。パイロット研究レベルだ」と言う。 「ここでなされている研究は、我々の領域で言えば、『ちょっと検証してみよう』という程度の内容です。研究の概要を見る限りでは、すでに様々な人が指摘をしていますが、もともとイソジンうがいで新型コロナを確実に予防できる、治療できるということを証明しようとするものではないのだと思います」 参加した患者数は41人。ホテルで宿泊療養を行う新型コロナウイルス感染症の軽症者が対象だ。 41人に、ポビドンヨード入りのうがい薬で、1日4回、うがいをしてもらったところ、その他の患者よりも唾液の中のウイルスが減少したと大阪府は発表している。 だが、結果の検証方法が唾液 PCR検査の陽性頻度であることを疑問を呈す。 「PCR検査の結果がネガティブだからといって、はっきりと言うことができるのはその部分のウイルス量が減ったということだけです。体内のコロナウイルスが全体的に減ったかどうかはわかりません。この結果だけでは、予防効果も治療効果もわからない」

【関連記事】