Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

医師が「どうしましたか?」と聞く理由|最善の治療を受けるための心得

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/鈴木拓也 朝から身に覚えのない頭痛。 薬箱にあった頭痛薬を飲んでも良くならず、妻にせっつかれて近くの病院で受診した。 その場で医師から発せられた言葉が「どうしましたか?」の一言。 「妻がどうしても病院に行けとうるさいので…」など思うままに話し出すと、医師の顔がみるみる曇っていくので、こちらとしても戸惑ってしまう…こういった体験は、だれしも一度はあるだろう。 最近は医療者と患者のコミュニケーションの不具合が、しばしば話題になる。それは「医者の側に問題がある」といった論評に傾きがちだが、本当にそうなのか。 そのあたりの問題に一石を投じ、両者の好ましいコミュニケーションのあり方を説いたのが、今回紹介する書籍『医者のトリセツ 最善の治療を受けるための20の心得』(世界文化社)だ。

医師の「どうしましたか?」の真意

頭痛で来院した患者の例を続けよう。本書は、医師の「どうしましたか?」には、「さまざまな可能性を絞り込む判断材料が欲しいので、あなたの体に起きていることを教えてください」という意味が込められていると述べている。 真っ先に知りたいのは「主訴」。「頭が痛い」がそれにあたる。その次に知りたいのは、症状が始まり、今の時点までどう変化してきたのかの「ストーリー」。 そう言われると難しそうだが、時間軸に沿って順序立てて話すことに留意すればOKだ。さらに、「もともと頭痛持ちなのですが」「頭痛知らずだったのですが」といった付加情報があれば完璧だとも。 ここまでくれば、医師の頭の中では絞り込みが進み、いくつかの可能性が残されるはず。患者さんは、さらに絞り込むために投げかけられる質問に対して、感情や自己分析など余計な言葉をはさまずに答えていけばよいのです。(本書44pより) もう1つ、患者が戸惑いやすい質問に「痛むとき、あなたは何をしていましたか?」というのがある。 ソファでテレビを見ていたというものであっても、「特に、なにもしていませんでした」はNG。医師にしてみれば、単に「ソファでくつろいでいた」という情報でも有益なのだ。これは、静かにしている時に起きた頭痛と、運動をした直後の頭痛とでは、その原因も異なる可能性があるから。「赤ワインを飲んでいた」というような、素人目には関係なさそうな情報もきちんと伝えよう。

【関連記事】