Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

家での良質な過ごし方にマッチ 「ちょっと贅沢な珈琲店」が支持される理由 原田知世さん伝える“淹れる楽しさ”で勢い加速

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食品新聞

 味の素AGF社の「ちょっと贅沢な珈琲店」ブランドが好調だ。  牽引役は同ブランドの中で大勢を占めるレギュラーコーヒー商品で、直近の4-7月ではレギュラーコーヒー市場を大幅に上回る伸びをみせた。  同社調べによると、4-7月市場の伸びは金額ベースで、袋入り(粉)のレギュラーコーヒーが約10%増、一杯抽出型レギュラーコーヒー(ドリップコーヒー)が約20%増と推定される。

 コロナ禍による在宅時間の増加が市場に追い風となる中、市場を上回る伸びをみせた理由について、木村直紀リテールビジネス部マーケティング第2グループ主任は「在宅時間が大幅に伸び、少しでも家で過ごす時間を良質なものにしようとする方が増えたことで、今までインスタントコーヒーを飲まれていた方がより本格的なコーヒーを求めるようになり『ちょっと贅沢な珈琲店』が支持されるようになった」との見方を示す。

 レギュラーコーヒーのアイテム別で特筆すべきは、売れ筋の「スペシャル・ブレンド」に次いでエリア対応品の存在感が高まっている点。  エリア対応品は、18年8月に九州エリア向けの「九州まろやかブレンド」、19年8月に東北エリア向けの「東北コクゆたかブレンド」を発売開始し、各エリアで現在は「モカ・ブレンド」や「キリマンジャロ・ブレンド」の主力アイテムと肩を並べる規模に成長している。  「流通さまからは、地元住民に合う味わいを開発したことが高く評価され、特に発売初年度には大規模に露出展開して下さり異常値となるくらい販売していただいている」という。  エリア対応品を契機に主力アイテムの配荷も拡大傾向にある。  「エリア対応品だけが伸長していくのではなくて、主力品も定番棚への導入が増えるなど一緒になって伸長している」と語る。  継続性もみられる。  「東北はまだ一巡していないため把握できないが、九州では生活者のトライアル&リピートが続き右肩上がりになっている。『九州まろやかブレンド』単品でも伸長を続けている」。  さらなる拡大に向けて8月20日には、九州・東北に次ぐ第3弾として東海エリア向けの「東海 喫茶店のモーニングブレンド」と瀬戸内エリア向けの「瀬戸内まろやかブレンド」を新発売。また東北では「東北コクゆたかブレンド」のドリップコーヒーを新たに投入した。  新エリア対応品の配荷状況については「営業から定番棚に加えてエンド展開もいくつか決まったとの報告を受けている。取り扱いは順調に進んでいる」と期待を寄せる。

【関連記事】