Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ソルトワールド基礎講座】ベイトタックル限定! スパイラルガイドのメリットは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

ボートゲーム用のロッドには、ベイトロッド限定で「スパイラルガイド仕様」と謳われたものがラインナップされています。スパイラルガイドというのはガイドそのものの種類ではなく、取り付け方を示す言葉。ブランクスに一直線にガイドが並ぶ一般的なロッドに対して、文字通り螺旋状(スパイラル)にガイドをセッティングしたものを表します。そのメリットはどこにあるのでしょうか。

螺旋状のガイド配列でベイトタックルの欠点を補う

螺旋状にガイドを取り付けるのは、ベイトロッド特有のネジレを解消することが目的のひとつ。リールもガイドも、ロッドの下側に配置されるスピニングタックルと異なり、ベイトタックルはリールをロッドの上側に乗せて固定し、ガイドもブランクスの上面に並んでいるのが普通。そのため釣りの各場面を通じてロッドとラインが干渉しやすく、魚がヒットしてロッドを曲げ込んだ際にブランクスにネジレが生じてしまうこともあるのです。 これを解消するにはガイドの数を増やして、できるだけラインがロッドに沿うようにする必要がありますが、ガイドが増えると今度はロッドの重量が増し、ブランクスの性能も十分に発揮できなくなってしまいます。繊細さを重視する釣りではこの重量増がネックとなるため、スパイラルガイドの登場となるわけです。現在ソルトゲームでこのシステムが採用されているのは、主にタイラバ、イカメタル、電動ジギング、ベイトフィネスの各ジャンルです。

ガイドが下に来ることで安定した操作が可能に

スパイラルガイド仕様のロッドも、最もグリップに近いガイドは通常通りブランクスの上に乗っていますが、二番目以降のガイドで徐々に角度を下げ、そこから先は完全に下向きのセッティングになります。このためラインはブランクスの下側を通り、荷重を竿全体で受け止めることが可能になります。

等速巻きがしやすく糸がらみも激減

まとめると、スパイラルにすることでロッドの軽量化とブランクスのネジレを軽減する効果があるわけですが、そのほかにも軽量化に伴う感度のアップ、ガイドが減ることによるブランクス性能のアップ、ロッドティップへの糸がらみの防止など、副産物的なメリットも生まれます。また、荷重が安定して下向きに掛かることでブレが抑えられるため、タイラバやマイクロジグのようにタダ巻きが基本の釣りでは滑らかな等速巻きをよりスムーズに行うことが可能になります。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ