Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「あれは怒っていいことだったんだ」アルビノ当事者が気づいた“無自覚な差別”「美人ですね」に潜む疎外感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

生まれつき肌や髪の色が薄い、遺伝子疾患・アルビノの雁屋優さん(25)。その外見について、これまで周囲から様々な言葉をかけられてきました。「外人さんみたい」「美人」。一見、ポジティブに思える評価にも、違和感を抱き続けてきたといいます。日常的になされる、こうしたコミュニケーションが、実は差別に当たる――。インターネット上で見つけた記事を読み、雁屋さんは、自分が傷ついたのだと確信できたそうです。無意識に誰かを追い込んでいるかもしれない言動を巡る気付きについて、つづってもらいました。 【画像】変形した顔・あざ・アルビノ・小人症…外見による生きづらさを抱える「見た目問題」の当事者たち

「あれは怒ってよかった」という大きな気付き

先日、とある記事(*註)を目にした。「マイクロアグレッション」という概念を取り上げたものだ。 記事では、米国に住む黒人の境遇を例に、その内容が説明されている。ショッピングモール内で、警察官が黒人だけを追いかける。犯罪が起きた時、世間の人々が「黒人がやった」と主張する……。筆者の丸一俊介さんによれば、そのような社会的マイノリティに対する「日常的で意図せざる差別」を、マイクロアグレッションと呼ぶのだという。 私は、生まれつき髪や目の色が薄い遺伝子疾患・アルビノだ。これまで自分の外見について、差別的ニュアンスを含む、様々な言葉をかけられてきた。記事を読んだ後、その一つ一つに抱いてきた違和感に、名前がついたと思った。「ああ、あれは、怒っていいことだったんだ」と腑(ふ)に落ちたのである。 マイクロアグレッションは、あまりにも当たり前に行われていて、指摘されなければ自覚することが難しい。私自身、過去の言動を思い返すと、女性にとって、無意識に好ましくない振る舞いをしていたことに気付く。誰かを加害していた瞬間も、確かにあったのだ。 一人一人が持つ加害性への認識を広く共有できれば、立場を超え、より生きやすい社会をつくることができるかもしれない。その足がかりとして、私が体験したマイクロアグレッションについて紹介し、差別が身近に存在することを伝えたいと思う。 *註:マイノリティが日々傷ついている「無意識の差別」の正体:現代ビジネスオンライン

【関連記事】