Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

140年前コレラで殉職 西岡一等巡査の墓前祭 コロナ禍収束の願いも 横浜・宝蔵院

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
カナロコ by 神奈川新聞

 明治時代に流行したコレラの予防救済に尽力中、感染して殉職した神奈川県警察(当時)の西岡駿吉一等巡査(享年28歳)の墓前祭が7日、横浜市戸塚区吉田町の宝蔵院で行われた。  折しも新型コロナウイルス感染症が拡大し、世界中で猛威をふるう中、参列した現職警察官らは先人の功績と無念に思いをはせ、早期収束の願いを込めた。  戸塚署や警親会戸塚支部によると、西岡一等巡査は、およそ140年前の1879(明治12)年に、現在の戸塚区で勤務。コレラが流行し、住民の予防や救済活動に当たっていたが、自身も感染して同年9月4日に亡くなったという。  当時、コレラ感染者は移動を禁じられていたといい、故郷である現在の福井県に戻ることもかなわず、宝蔵院に埋葬された。墓前祭は毎年行われており、この日は署員や同支部メンバーら約20人が参列。墓前に献花し、冥福を祈った。  土屋和也巡査(20)は「コレラ流行の中、身をていして職務に当たった大先輩を見習いたい」、大友絢夏巡査(24)も「新型コロナ対策をしっかりして県民の安全・安心の確保のために頑張りたい」と話した。

神奈川新聞社

【関連記事】