Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【天安門事件から31年】追悼の灯を絶やさない香港の人々。集会禁止の封鎖を乗り越え、会場に1万人殺到

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

民主化運動を中国共産党が武力で弾圧した天安門事件(1989年6月4日)から31年が経過した。香港では毎年6月4日、ビクトリア公園で集会を開き、弾圧の犠牲となり亡くなった当時の学生や人々を追悼してきた。 【全画像をみる】【天安門事件から31年】追悼の灯を絶やさない香港の人々。集会禁止の封鎖を乗り越え、会場に1万人殺到 しかし2020年、過去30年で初めて、追悼集会の開催が警察から認められなかった。香港政府が新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、公共の場における9人以上の集まりを臨時条例で禁じていたからだ。

柵を突破しビクトリア公園に1万人以上が集結

当初、主催団体はインターネットを通じた追悼を呼びかけ、各地で人数をしぼった小グループでの追悼が行われると見られていた。 夕方頃までは、香港各地で小さな集団がそれぞれに追悼を行う動きがみられた。予想どおり、例年のような大規模な追悼集会は行われないと思われた。 しかし、夜が近づくと雰囲気は急激に変わっていく。主催団体の一行が、警察の封鎖しているビクトリア公園の周囲に移動。公園の入り口で追悼を行い始めた。さらにその後、午後7時前(現地時間)になると、封鎖のために立てられた柵を強行突破してグラウンドになだれ込み、そこであらためて追悼を始めたのだ。 ビクトリア公園の中で追悼が行われているという情報がシェアされたからか、その後瞬く間に人々が集まった。追悼集会が行われた午後9時頃まで人は増え続け、現地メディアによると1万人以上が集まった。 昨年から続く中国あるいは香港政府への抗議デモで、香港警察はデモ参加者たちを厳しく取り締まっている。追悼集会の行われたビクトリア公園にも香港警察は多数いたが、主催団体らによる封鎖突破には特段対処せず、集会は無事に終わった(後日、違法行為で逮捕される可能性はまだ残る)。 ビクトリア公園以外に目を向けると、日が暮れてからも、香港各地でろうそくを持った人々が追悼を行っていた。繁華街の旺角(モンコック)にも道路を埋め尽くすほどの人が集まった。ただし、こちらでは香港警察が激しい対処を見せ、混乱が起きた。

【関連記事】