Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

[FactCheck] 「国交省、北海道に中国人500万人移住計画を発表」は誤り 3年前の動画が再拡散

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
InFact

国土交通省が、北海道の人口を1000万人に倍増させることを計画し、そのための施策として中国人500万人の移住を発表した、とのツイートが拡散している。これは3年前のネット番組の動画が再拡散したもので、「計画」の根拠とされた会合の提言内容や位置付けを調査した。(楊井人文、田島輔)

《チェック対象》

【誤り】 「国交省、北海道に中国人500万人移住計画を発表!!!人口の半分が中国人へ」(2020年8月26日、まとめサイトをシェアしたツイッター投稿)

《結論要旨》

2005年に国交省と北海道開発局が主催した会合で、民間企業の社長による「北海道人口1000万人戦略」と題する講演が行われ、移住者を増やして人口を1000万人にする構想が語られたものの、国交省がそうした計画を策定、発表した事実はない。

3年前のネット番組動画が拡散

国交省が「北海道の人口を倍増させるために、中国人500万人を移住させる旨の計画を発表した」とのツイートは、5100件以上リツイートされ、4500件以上のいいね!がついている。これ以外にも、同内容の動画をシェアしたツイートなど、複数の投稿が拡散している。

これらの記事や動画が上記計画の存在を主張している根拠をみると、元北海道議会議員である小野寺まさる氏が2017年8月24日、インターネット番組『虎ノ門ニュース』で行った以下の発言だった。

小野田まさる氏「北海道開発局で将来の北海道像みたいなことで色々テーマを出して研究したんですが、北海道の人口を倍増させると1000万人計画というのを国交省と北海道開発局で出したんです。今500万人ちょっとしかいないのを1000万人にする、その差は何で埋めるのかと。中国人で埋めると言ったんですよ。国がですよ。北海道開発局ですよ。国交省と。あり得ないでしょう」

小野寺氏はこれより約半年前の2017年2月、ツイッターで「中国資本提案の『北海道人口1000万人戦略』のワナ」と題する産経新聞の記事(2017年2月25日付)をシェアしていた。この記事は、2005(平成17)年5月に国土交通省と北海道開発局が主催する「夢未来懇談会」という会合で、中国出身の民間企業社長が「北海道人口1000万人戦略」と題して講演したことに触れたものだ。

最終更新:
InFact