Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ファイナルファンタジー16』がPS5向けタイトルとして正式発表。『FF14』の吉田直樹氏がプロデューサーを担当へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
電ファミニコゲーマー

 「PLAYSTATION 5 SHOWCASE」にて、『ファイナルファンタジー』シリーズのナンバリング最新作となる『ファイナルファンタジー16』がPlayStation 5向けタイトルとして正式発表された。  プロデューサーは『ファイナルファンタジーXIV』シリーズの吉田直樹氏、ディレクターは髙井浩氏が務める。 【この記事に関連するほかの画像を見る】 ;feature=youtu.be  PlayStation Blogでは、プロデューサーの吉田氏とディレクターの髙井氏のコメントが公開された。  吉田氏はコメントにて、戦闘とリアルタイムバトルのトレイラーは、これまで開発チームが成し遂げたほんの一部だと語る。一握りのコアメンバーから本格的な開発チームへと成長し、これまで作ったものをさらに磨き、ストーリーとゲームプレイの両面でたぐいまれな体験をプレイヤーに提供すると自信を見せている。次回の大きな発表は2021年とのこと。  また最後に、氏が手がける『ファイナルファンタジーXIV』にもさまざまなことが待っているので、『FF16』ともども期待して欲しいとまとめた。  髙井氏は、初代『ファイナルファンタジー』が発売されたころはまだ学生で、『ファイナルファンタジーV』でついにゲームの開発に携わった自身の経歴を紹介。『ファイナルファンタジーXI』と『ファイナルファンタジーXIV』でオンラインゲームに携わり、ついに『ファイナルファンタジーXVI』まで来たと語る。  ゲームがファンの手に届くまでまだ時間が掛かるかもしれないが、待つ価値があると約束している。  なお余談ではあるが、吉田氏は公式には「取締役 兼 開発担当執行役員 兼 第三開発事業本部 事業本部長」というすでに長い肩書きを持っており、この発表で“取締役 兼 開発担当執行役員 兼 第三開発事業本部 事業本部長 兼 『ファイナルファンタジーXIV』 プロデューサー 兼 ディレクター 兼 『ファイナルファンタジーXVIプロデューサー』”という肩書きを得たことになる。  はたしてどのようなシリーズ最新作となっているのか、今後の続報に期待したい。

電ファミニコゲーマー:実存

【関連記事】