Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京V主将の藤本寛也がポルトガル移籍!…1部ジル・ヴィセンテ加入が正式決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 東京ヴェルディは5日、MF藤本寛也がポルトガル1部のジル・ヴィセンテに移籍することを発表した。  契約は期限付き移籍で2020年8月9日から2021年5月31日まで。8月8日に行われる明治安田生命J2リーグ第10節のFC琉球戦が東京Vでのラストマッチとなる。  現在21歳の藤本は東京ヴェルディの育成組織出身で2018年にトップチームに昇格。主将を務める今季はこれまでJ2で7試合に出場し、1ゴールを記録している。各年代の日本代表にも選ばれ、昨年夏にはFIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019にも出場した。  ポルトガル北部のバルセロスに本拠地を構えるジル・ヴィセンテは1924年創設で、2019-20シーズンは5年ぶりにプリメイラ・リーガ(1部)で戦い、10位で終了。今年1月には、横浜F・マリノスで2年プレーしたポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが約5年半ぶりに復帰している。  藤本は移籍に際し次のようにコメントしている。 「この度ポルトガルのジルヴィセンテに移籍することになりました。12歳からヴェルディでサッカーをしてきて約9年間、喜怒哀楽を経験してきて人としてもサッカー選手としても様々な面で成長できたと思います。この約9年間、ヴェルディで過ごしてきた日々は自分にとって一番大事な宝物です。ヴェルディでなければ、今の自分はいないと思います。過ごしてきた日々を振り返れば振り返るほどヴェルディでサッカーができて心の底からよかったなと感じます。これまで一緒にサッカーをしてきた仲間、スタッフの皆さん、そしてクラブに関わっているファン、サポーターの方々には本当に感謝しています。自分で決めた決断に責任と覚悟を持って、ポルトガルで頑張ります。ありがとうございました」

SOCCER KING

【関連記事】