Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

結婚21周年を迎えたデビッド&ヴィクトリア・ベッカムのファッション変遷。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

デビッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカムが、7月4日に結婚21周年を迎えた。交際が発覚した当初は垢抜けないサッカー選手だったデビッドも、ヴィクトリアの手ほどきにより見事スタイルアイコンとしての地位を確立。長男ブルックリン、次男ロメオ、三男クルズ、そして長女ハーパー・セブンの可愛い子どもたちにも恵まれ、公私ともに円熟の域に突入したおしどり夫婦のファッション変遷を振り返ろう。 デビッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻の絶妙なペアルック【写真】

1999年6月、挙式の直前に行われたヴェルサーチェ(VERSACE)のパーティーにペアルックで出席したポッシュ&ベックス。

2003年5月、LAで開催されたMTV ビデオ・ミュージック・アワードにはドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)のスーツとビスチェドレスを着用。当時、デビッドはレアル・マドリードへの移籍交渉中の時期で、その動向に注目が集まっていた。

2004年4月、ロンドンのロイヤル・アルバートホールで行われたパーティーには日焼けした肌をアピールするワイルドなスタイリングで。ヴィクトリアはコルセット風スリップドレスに身を包み、デビッドははだけた胸もとから重ね付けしたアクセサリーをのぞかせた。

2008年5月、METガラに初めて夫婦揃って参戦。この年のテーマ「Superheroes: Fashion And Fantasy(スーパーヒーローたち:ファッションとファンタジー)」に従い、ヴィクトリアはジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)による繊細なレースのガウンを身に纏った。

2013年9月、グローバルファンド主催のチャリティーパーティーにシックな装いで参加した夫婦。NYファッションウィークから戻ったばかりのヴィクトリアは、自身のブランドで固めて登場した。

2018年5月、ヘンリー王子とメーガン妃のロイヤルウエディングに参列。ヴィクトリアは自身のブランド、デビッドはディオール(DIOR)に身を包んだ。

2019年9月、UK版『GQ』がその年に著しい活躍を見せた人々を表彰するアワード「Men of the year 2019」の授賞式が、ロンドンの国立近現代美術館テート・モダンで開催。デビッドはエディター特別賞に輝いた。

【関連記事】