Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【漫画】次女が泣きだして焦る母、バウンサーを揺らす長女は“こなれた主婦” 「主婦力、高い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オトナンサー

 妹の面倒を見てくれる姉の行動を描いた漫画「お世話好きの発展形」がSNS上で話題となっています。眠っている5カ月の次女に布団をかけてあげたり、母親の心強い味方になった3歳の長女。あるとき、次女が泣きだしたので、母親は焦って向かおうとしますが…という内容で「いろいろ見てますよね」「主婦力、高い」「こなれすぎ!!」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。 【漫画】本編を読む

こなれた雰囲気が頼もしく面白い

 この漫画を描いたのは、眠井アヒル(ペンネーム)さんです。オーストラリア在住で、子育てをしながら漫画を描いています。インスタグラムやnoteで漫画を発表し、「子惚ればなし。」(KADOKAWA/メディアファクトリー)などの作品も手がけています。 Q.今回の漫画を描いたきっかけは。 眠井アヒルさん「長女が次女のお世話をいろいろ手伝ってくれるようになったのですが、親のまねだからか、どうも、手伝いの仕方のこなれた雰囲気が頼もしくも面白くもあり、描き残したいと思いました」 Q.普段から、妹の面倒をよく見てくれるのですか。 眠井アヒルさん「妹が生まれる前から、お人形でシミュレーションをしていたかいもあり、生まれた直後から、率先して面倒を見てくれていました。当然、最初はやり方が分からないので危なっかしい場面が多かったのですが、『抱っこはお母さんと一緒にね』など、いろいろと注意点を伝えていきました。最近は『自分ができるお世話は私の担当』という意欲が見えます」 Q.この後も、しばらく揺らしてくれていたのでしょうか。 眠井アヒルさん「次女がぐずり始めると揺らしていました。『押すの代わるよ?』と言いましたが断られました。バウンサーの角度をちょっと変えたり…こなれています。今もやってくれます」 Q.お姉ちゃんがしてくれるお世話で、一番助かっているものは。 眠井アヒルさん「バウンサーを揺らしてくれるのもうれしいですが、次女に笑いかけてくれるのが一番うれしいです。次女は笑いかけると笑い返すので、それを見て、長女がまた笑って…の繰り返しを見ていると幸せな気分になります」 Q.他にも、こなれた感じでしてくれるお世話やお手伝いはありますか。 眠井アヒルさん「こなれた感じで、ぬいぐるみたちのお世話をしています。ぬいぐるみが寝ているときに大声で話したら、『シー』とか言われます(笑)」 Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。 眠井アヒルさん「『笑った』という感想をたくさん頂きました! 私も笑いましたので、楽しい気持ちをおすそ分けできてうれしかったです」

オトナンサー編集部

【関連記事】