Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インテルが今年出資したスタートアップ11社紹介、年内に500億円超の出資を予定

配信

TechCrunch Japan

半導体の巨大企業であるIntelは、世界中の1582企業への投資と、同社の支援を受けて株式公開またはイグジットを達成した692社のポートフォリオ企業における実績を持ち、コーポレートベンチャーキャピタルの中ではハイテク産業で最も多産かつ先見の明がある投資家の1つだ。 同社は米国時間5月13日、新たに11社のスタートアップに1億3200万ドル(約140億円)を出資したことを明らかにした。これらの取引には、人工知能、自立型コンピューティング、チップ設計が含まれ、同社の現在と将来における最も戦略的な優先事項を反映している。

多くのコーポレートVCは彼らの活動とその親企業の活動とを明確に分けており、Intelにも同じことが言えるが、同社は同時にVCのメリットを活用して戦略的関係を広げ、最終的にはM&Aを通じて自社を拡大するための動きを見せている。今月初め、実際に同社はIntel Capitalのポートフォリオ企業であるMoovitを9億ドル(約960億円)で買収した(以前の投資を考慮し、8億4000万ドルに値下げされている)。 「Intel Capitalは、私たちの働き方や生活の改善に取り組んでいる革新的なスタートアップを特定し投資しています。最新の各投資はAI、データ分析、自律システム、半導体イノベーションなどの分野における可能性を押し広げていくことでしょう。現在の世界の課題に対してこれらの企業と共に協力して舵を取り、持続可能で長期的な成長を推進していくことをとても楽しみにしています」とIntelの上級副社長兼IntelCapitalの社長であるWendell Brooks(ウェンデル・ブルックス)氏は発表の中で述べている。 スタートアップやベンチャー投資の世界にとって危機的な時期に行われた今回の取引。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって引き起こされた経済の減速が、その後のテクノロジーファイナンスの減速を意味するのではないかと懸念されている。しかしIntelは年内に3億ドル(約320億円)から5億ドル(約530億円)を投資する予定だと伝えており、過去数か月間に同サイトで取り上げた巨大取引や大型ファンドも考慮すると、この懸念は不要だと論ずることもできる。 発表されたリストには具体的な投資額は含まれていないが、スタートアップ自体が資金調達を発表し、ラウンドサイズの詳細を伝えているケースもある。ただし、これらの報告でもIntelの具体的な出資額は明らかにされていない。

【関連記事】