Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

履いて走るだけで靴が“自分だけのコーチ”に? アシックスの「スマートシューズ」が話題

配信

FNNプライムオンライン

ランニングに欠かせない存在と言えば、運動靴のシューズ。近ごろは機能も多様化していて、裸足感覚で走れる「ベアフットシューズ」、好記録続出で話題になった「厚底シューズ」なども登場した。 【画像】専用アプリとの連携で分かること一覧を見る スポーツ用品メーカーの「アシックス」が、そんなシューズ業界に一風変わった製品を送り出す。履いて走るだけで自分に合ったよりよい走り方を教えてくれるという、スマートシューズ「EVORIDE ORPHE」(エボライド オルフェ)の予約販売を始めたのだ。 このシューズには、靴底と中敷きの間にあるミッドソールに「ORPHE CORE 2.0」という、加速度センサーやジャイロセンサーを内包した専用センサーを搭載していて、走行中の動きや振動、衝撃、足の向きや回転などを計測することができる。 そのため、履いて走るだけで速度や歩幅といった基本的な情報から、足の着地パターン、着地したときの衝撃や角度まで、幅広いデータを計測することができるという。

専用アプリで走り方を評価・分析

そして、計測したデータを専用のスマートフォンアプリで分析できるのも特徴だ。アシックスでは、よりよい走り方のポイントとして、(1)ダイナミックな動き(2)効率が良い動き(3)負担が少ない動き、これら3つの要素を挙げている。 専用アプリでは、この3つの要素を基準にそれぞれの走り方を、(1)路面を蹴るキック力の大きさ(2)キック力の効率(3)着地時のブレーキ効率(4)衝撃の負担軽減度(5)かかと周りのねじれによる関節の負担軽減度、これら5つの視点で評価・分析してくれるという。 さらに、走り方の改善点や「よりよい走り方」に近づくための適切なトレーニングを提案する機能なども搭載している。いわば、シューズが自分だけのコーチとなってくれるのだ。 EVORIDE ORPHEは、クラウドファンディングサイト「Makuake」で購入希望者が募集され、目標金額の300万円に対し、7月28日時点で570人以上の応募があり、約1880万円以上を集めている。 多くの機能が搭載された先進的なシューズと言えるが、気になるのはその効果。具体的にどんなアドバイスをしてくれるのか。よりよい走り方になることで、ランナーはどう変われるのだろうか。アシックスの担当者に聞いた。

【関連記事】