Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松屋フーズ 弁当用レジ袋の無料提供を継続、バイオマスプラスチックに変更で

配信

食品産業新聞社ニュースWEB

株式会社松屋フーズは7月1日以降も、全国の松屋フーズグループ(松屋・松のや等)の店舗で引き続きレジ袋の無料提供を継続して行う。植物原料由来の、環境に配慮したバイオマスプラスチックレジ袋導入によるもの。 松屋フーズでは2019年9月から順次、弁当用レジ袋を環境に配慮した植物原料由来のバイオマスプラスチック配合のものへと切替えを開始。現在、全国の松屋フーズグループ1,197店舗(2020年6月末)にて導入を完了している。 このレジ袋は、サトウキビから砂糖生産時にできる副生成物「廃糖蜜」を主な原料としており、配合比25%を採用しているという。これは、経済産業省が「プラスチック製買物袋有料化制度」において有料化の対象外としている、「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」に当てはまる形となる。 松屋フーズは、「“みんなの食卓でありたい”を目指し、食の安全安心にこだわった商品開発に努め、“食のインフラ”としての役割を果たせるよう、これからもさらなるサービス向上に励んで参ります」としている。

食品産業新聞

【関連記事】