Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トライアスロン強化拠点 “県内を検討” 東御、小諸の高地トレーニング施設 会長らが視察

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

長野放送

日本トライアスロン連合が17日、長野県東御市と小諸市の高地トレーニング用施設を視察し、新型コロナの影響で海外合宿が出来ない中、強化の拠点にすることを検討すると明らかにしました。 東御市湯ノ丸高原の高地トレーニング場では現在、トライアスロンの男子ナショナルチームの選手らが合宿を行っています。 この場所と小諸市高峰高原ではことし男子選手が51日間、女子選手が84日間合宿する予定です。 17日は日本トライアスロン連合の岩城会長らが現地を視察しました。 岩城会長は「この場所でのトレーニングが結果につながってきている」などと話し、現在、新型コロナの影響で海外合宿が出来ない中、強化拠点にすることを検討すると明らかにしました。

長野放送

【関連記事】