Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自律神経の第一人者が教える、腸の免疫力を高める「朝のシンプルな習慣」

配信

ライフハッカー[日本版]

新型コロナウイルス対策などの影響もあり、「免疫力を高める」ことに注目が集まっています。 そんななか、特に「腸内環境」を整えることの重要性を説いているのは、順天堂大学医学部教授である『病気にならない1分免活──腸の免疫力を高める生活習慣』(小林弘幸 著、自由国民社)の著者。 自律神経の第一人者として知られ、順天堂大学に日本で初めての便秘外来を開設した〝腸のスペシャリスト〟でもあります。 身の回りには病気を引き起こす病原体がたくさんいます。それらが外部から侵入したり、体内でつくられたりしています。それでも、多くの人が発病しないのは、さまざまな免疫細胞が連動し、それらを排除し、死滅させるために働いているからです。 この体内の免疫細胞の約7割が、なんと腸内の腸壁の近くに待機していることがわかっています。(「はじめに──「腸活」で免疫力はぐんぐん上がる!」より) したがって、「いかに腸内環境を整えるか」が重要だということです。 そればかりか免疫細胞は、腸内で敵を撃退するだけでなく、血流に乗って全身に移動し、体内のいたるところで戦うようになるのだとか。 他にもさまざまな機能を備えた腸は、「第2の脳」と呼ばれてもいるのだそうです。 そんな腸については、免疫力を高めることだけではなく、働きが悪くならないように維持することも重要なポイント。 そこで本書では「1分 腸活」をベースに、そのポイントとメソッドをまとめているわけです。 きょうは「朝の習慣」に焦点を当てたSTEP1 「1分で“免疫スイッチ”を入れる朝の腸習慣」のなかから、2つのポイントを抜き出してみたいと思います。

30分余裕をもって起きよう

腸活を成功させる秘訣は、「朝」。 昔から「早起きは三文の得」といわれますが、腸にとっても例外ではないというのです。 朝はちょうど、自律神経が副交感神経から交感神経に切り替わるタイミングです。 自律神経は呼吸や心拍数、血圧など人間の生体にかかわる活動をコントロールしている神経で、緊張や興奮したとき、また活動時に活発になる交感神経と、リラックス時や睡眠時に活発になる副交感神経がバランスをとるように働いています。(14ページより) 起床後、徐々に副交感神経から交感神経に切り替わっていくわけですが、バタバタした慌ただしい状態は交感神経の働きを一気に高めてしまうことになります。 そのため、切り替えがうまくいかなくなってしまうのです。 すると当然ながら、1日の自律神経のバランスは不安定になりがち。自律神経は腸の働きと関係しているため、腸の働きそのものにも影響を及ぼすのだそうです。 つまり、そんな生活が繰り返されると、腸はどんどん本来の働きができない状態になっていってしまうということ。 腸が本来の働きをするための“スイッチ”を入れるのは、朝なのです。朝こそ、体のリズム、腸のリズムを整え、1日のスタートをスムーズに切るための重要な時間といえます。(15ページより) 朝をどう過ごすかが「強い、健やかな腸」になるためのカギであり、そこで重要な意味を持つのが、ゆとりを持って起床すること。 余裕があればしっかり朝食がとれるので、腸の働きが促され、排便リズムをつけるきっかけにもなるわけです。 早めの起床はきちんとした朝時間を過ごすための前提になるというわけで、著者は「いつもより30分早く起きること」を心がけるべきだと説いています。 前の日に30分早く目覚ましをセットし、翌朝はその時刻に起きるだけ。1週間それを続けてみるといいそうです。 「朝がつらい」「起きるのが苦手」と気にし過ぎるとストレスになり、腸にもよくないので、寝坊した日があったとしても「明日は大丈夫」と気楽にかまえ、がんばりすぎないことが上手に習慣化するコツだといいます。(14ページより)

【関連記事】