Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飲み会はオンライン併用 自粛で見えたコロナ後の家計

配信

NIKKEI STYLE

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛生活で収入が減った人はもちろん、支出の構造が大きく変わった人も少なくないでしょう。ファイナンシャルプランナーの浅田里花さんは「自粛生活のなかで学び、実践した節約術を今後も続けることが支出の抑制につながる」と話します。 ◇ ◇ ◇ 新型コロナによって1カ月半に及んだ緊急事態宣言が全面解除されましたが、すでに第2波の予兆が出ており、東京都が2日に独自の警戒情報「東京アラート」を初めて発動するなど、私たちの意識や行動はコロナ以前とは変わらざるをえません。コロナ後に向かって、家計はどう変わるのでしょうか。

■買い物メモで3密避け、無駄遣いもせず

自粛要請によるステイホームの期間中に「食費が増えた」という声が多いようです。休校で子供の昼食が給食に頼れないうえ、夫婦ともテレワークとなると家族全員が3食を家で食べることになります。スーパーで必要以上に買い込んだり、宅配の利用やインターネットでの取り寄せが増えたりするなどで食費が増えてしまったようです。 一方、買い物のメモを持っていくなど、多くの人がスーパーでの滞在時間を短くするための知恵を働かせはじめています。いわゆる「3密」を避けるだけでなく、ムダのない買い物ができるこの方法は、コロナが収束したとしても生活に取り入れたい習慣です。 食費が増えたと述べましたが、外食の機会は減っているはずです。外食費を合わせると、コロナ以前の家計より食費は減っている家庭も多いと思われます。家計運営ではどうしても増えた支出に注目しがちですが、減った支出とのプラス・マイナスを見るべきです。減った支出(ここでは外食費)がこの先、コロナ以前の水準まで増えないとしたら、食費はスリム化できるでしょう。 コロナの影響が続く間は、コロナ以前のように外食を楽しめない気がしています。着席は人同士の距離を空けることが求められ、対面の場合も大声で話すことがはばかられます。交流の場としての外食は楽しさも半減し、減らざるを得ないでしょう。 私の場合、家計から外食費が減ることは間違いなさそうですが、その一方で、感染予防に努力しているお店やお気に入りのお店をできる範囲で応援したいとも考えています。

【関連記事】