Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本庶佑/東京五輪までに「ワクチン」はできない〈ノーベル賞学者からの「警告」〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
本庶佑/東京五輪までに「ワクチン」はできない〈ノーベル賞学者からの「警告」〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

本庶佑氏(京都大学高等研究院副院長・特別教授)  (c)共同通信社

 私は6月19日、がん治療薬「オプジーボ」の特許に関する対価を巡って、小野薬品工業に対し、約226億円の支払いを求める訴訟を起こしました。  昨年から訴訟の準備を進めていましたが、「なんとか交渉で決着をつけましょう」と間に入って下さる方もいたので、少し待っていたのです。ところが、小野の対応はまったく変わらず、一方で新型コロナウイルスの感染拡大もあり、今年に入ってから裁判所の動きもスローになっていたので、このタイミングでの提訴になりました。  私は、免疫を抑制するたんぱく質「PD-1」を発見し、その仕組みを解明し、さらにがん治療法を発見したことでノーベル生理学・医学賞を受賞したのですが、この特許を基にがん治療薬を実用化したのが小野薬品です。オプジーボの売上高は今や世界で年8000億円に上ります。  今回の訴訟については、後ほどお話ししますが、知的財産に詳しくなかった私は当初、信じられないほど低いライセンス料で小野薬品とPD-1阻害剤によるがん治療法特許の使用契約を結んでしまいました。以来、契約を改定する交渉を重ねてきましたが、小野は「支払う」と言った約束を反故にしたり、いったん提示した条件を後で値切ったり、極めて不誠実な対応を続けてきたのです。  小野への憤りだけではありません。私が訴訟にまで踏み切ったのは、このままでは日本の産学連携が崩壊し、生命科学者が知的搾取され続けるという危機感があるからです。  日本は今、新型コロナとの長い闘いの渦中にあります。一時期より落ち着いてきたとはいえ、感染者数は増え続けている。わが国はこのウイルスとどう対峙していくつもりなのか。どんな闘い方をするにせよ、生命科学の力が欠かせません。  しかし、日本の政治家や行政を見る限り、生命科学や医学に対する過大な期待と理解不足があるような気がしてならないのです。  来年の五輪開催を願う気持ちはわかりますが、もっと現実に目を向けないといけない。冷静な判断をせず、着実な準備もしないまま、「来年には感染は落ち着くだろう」という希望的な観測を聞くにつけ、私は不安を感じざるを得ないのです。

本文:8,362文字

写真:4
  • 新型コロナウイルス
  • 安倍晋三首相 (c)共同通信社
  • 「廃止」された専門家会議 (c)共同通信社

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

本庶 佑/文藝春秋 2020年8月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます