Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「怖かったよね、寒かったよね」台風の夜、荒れる川辺で耐えた子猫4匹 見つけたのは散歩中の愛犬だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

暴風雨が過ぎ去ろうとする早朝に

「子猫を拾いました」  台風がそろそろ通り過ぎるかなという中、お電話がかかってきたのは朝の6時半くらいでした。 【画像】筆者が保護した、小さな小さな子猫たち(9枚)  寝ぼけた状態で出ると男性の声で、私(山本葉子。東京キャットガーディアン代表)たちの猫シェルターで保護できないかというご相談です。  ほぼ1年通して、子猫の保護依頼を受ける団体を運営しています。受け入れの説明の前に子猫たちの状態を尋ねると、 「ひと晩嵐の中にいたようで、4匹とも冷たいです」

冷たくなった、手のひらほどの4匹

 場所は東京・多摩エリアにある普段は枯れている小川で、台風のせいで突発的な流れができた場所に取り残されていた様子。 「カイロなどで体温上げながららこちらに向かってください。近くにコンビニありますか?」 「ないんです。自販機くらいしか……」 「では、ホットドリンク買って布で包んで、子猫たちを温めながらお越しください」  しばらくして、子猫たちを連れた30代くらいの男性が車で到着しました。  その人の手のひらと同じくらいの子猫たちが4匹。1か月半くらいの黒猫ちゃんです。  ホットコーヒーの缶を包んでいたタオルに白い毛が付いていたので尋ねると「あ、これうちの犬のなので」と。  朝の散歩に出たときに、子猫たちを助けることになったのだそうです。

まだ暗い早朝、雨の残る散歩道で

 台風などで大雨が降り、急にできた水流で動物が流されたりすることがあります。  この日も前日から強い雨と風。気圧もぐんぐん下がって、夜中過ぎには暴風雨と言っていいほどの状況でした。  朝、4時過ぎに起床するその男性(早起き!)は、日課の犬(ビーグル)の散歩に行こうか止めようかだいぶん迷ったそうです。  でも、一緒に暮らしたことのある人なら多分お分かりでしょうが、どんな天気でも犬族はお散歩が大好き。 「行く? 行くよね?」という期待に満ち満ちた表情で見つめられて、「やれやれ」とまだ暗い雨の中をいつもの散歩コースに出かけました。  風や雨は夜中に比べてかなりおさまってきたものの、短縮コースに変えて早々に帰宅しようと思った矢先に、ゴンちゃん(わんこの名前)がピタッと動かなくなり、道の横の小川の方を見ているよう。 「どしたの? 何かいるの?」  動かない。 「もう帰るよ」  突然ゴンちゃんがグイグイ飼い主さんを引っ張って、小川の方に降りて行きます。

【関連記事】