Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石川昂弥、澤野聖悠など愛知県選抜の選手たちの進路はプロ、社会人、東京六大学など豪華な進路に

配信

高校野球ドットコム

 2018年、オーストラリア遠征を行った愛知県選抜。この選抜チームも各校の逸材が多く選ばれ、とても強いチームだった。今回は進路が判明している15名を紹介したい。 【動画】甲子園出場経験者は約9割!春日部共栄・村田、愛産大三河・上田など明治大合格者14名は逸材揃い 【投手】 石川 昂弥(東邦-中日) 石黒 佑弥(星城-JR西日本) 泉 虎之介(春日丘-近畿大) 大竹 輝竜(豊橋中央-山岸ロジスターズ) 山田 紘太郎(西尾東-日体大) 上田 希由翔(愛知産大三河-明治大) 安藤 大斗(小牧南-愛知大) 【捕手】 家田 佑太郎(日進西-名城大) 牧山 稜昌(至学館-中京大) 【内野手】 河田 翔太(享栄-東海理化) 今泉 颯太(中京大中京-法政大) 堀内 祐我(愛工大名電-明治大) 立花 光希(豊川-中部大) 澤野 聖悠(誉-東北楽天) 【外野手】 西村 進之介(栄徳-専修大)  なんとプロ2名、社会人(クラブチームを含む)が3名、東京六大学が3名、東都二部、首都一部、愛知大学リーグの強豪へ続けることが判明した。ドラ1の石川、明治大に入った上田など潜在能力が高い野手が揃い、投手も最速146キロ右腕の石黒は東邦を封じ込む程の技量を持った大型投手で、山田も最速145キロを誇る公立校ナンバーワン右腕と、まさに大型チームだった。  ぜひ活躍することを期待したい。

【関連記事】