Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたの「肥満度」は大丈夫? お手軽チェックしよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

健康診断などで、「BMI」という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。BMI(Body Mass Index/ボディマス指数)は、成人の肥満度を表す国際的な指標です。 暑さが和らぎ、“食欲の秋”が近づいてきた今回は、肥満度を手軽にセルフチェックできるBMIについて解説します。

計算方法

BMIの計算方法は体重と身長から算出できます。 [体重(kg)]÷[身長(m)2] ※身長はcmではなくm表記で計算してください。 たとえば、身長170cmで体重68kgの男性の場合、以下のように計算することができます。 68kg ÷(1.70m × 1.70m) ≒ 23.53(BMI)

肥満の判定基準

BMIの計算方法は世界共通でも、肥満の判定基準は国によって違いがあります。それは、国によって体格や食生活が異なるためです。 世界保健機構(WHO)の基準では30以上を「肥満」としていますが、日本では日本肥満学会(JASSO)が定めた基準、25以上を「肥満」と判断しています。

~日本の判定基準~ 低体重(痩せ型):18.5未満 普通体重:18.5以上~25未満 肥満1度:25以上~30未満 肥満2度:30以上~35未満 肥満3度:35以上~40未満 肥満4度:40以上 (出典:厚生労働省ホームページ「e-ヘルスネット」表1. 肥満度分類(日本肥満学会)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-001.html)

日本肥満学会によると、BMIが22になるときの体重が「標準」で、最も病気になりにくい状態であるとされています。25以上で、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクが2倍以上となり、30以上になると高度肥満として、積極的な減量治療を要するものとされています。 ただし、BMIの値が「標準体重」の範囲にあっても、まったく問題がないというわけではありません。筋肉量や体格、体型などの個人差は含まれていないため、あくまでも参考値とされています。 BMIが高く出た方は以下3つの項目を意識しながら生活習慣を見直してみましょう。

・普段より10分ほど長く歩くように心がけ、日常の身体活動量を少しずつ増やす ・30分以上の運動を週2日以上行う ・タンパク質を摂取するようにし、油ものや甘いもの、炭水化物のとり過ぎには注意する 摂取カロリーは意識しないと、簡単にオーバーしてしまいます。適正体重を維持するための1日の目安は、成人男性で2000kcal、女性で1800kcalです。 健康な体でゴルフを楽しむためにも生活習慣を見直して、病気になりにくい体づくりを目指しましょう。 (協力/ケアくる)

【関連記事】