Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

李大根/徴用工に日本が保証する理由はない〈韓国人学者の直言「日本は資産10兆円を譲った」〉/聞き手・黒田勝弘――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

黒田 75回目の終戦記念日が8月15日にやってきます。李先生の故郷は南部の慶尚南道・陜川ですが、終戦時の様子はいかがでしたか?  李 陜川は山奥の農村で、当時、私は6歳でした。戦時中は、村役場が弾丸を作るためといって「真鍮の器を供出せよ」と家々を回り、村人が「これは祭りに使う器だ」と抵抗していた姿を覚えています。解放後、日本から帰国した子供たちは「イチロウ」や「カズオ」など、日本の名前で呼ばれていました。一緒に学校に通っても言葉が通じなくて大変でしたね。40戸ほどの村で日本帰りが5戸ほどあり、うち1戸が日本で稼いできたといって唯一の瓦屋根の金持ちでした。ただ、ほかの家庭はとにかく貧しく、食糧不足に加えコレラが蔓延するなどひどい状況でした。 黒田 先生は大邱商業高校を経てソウル大学を卒業。産業銀行調査部に勤務した後、成均館大学の教授をされ日本の京都大学にも留学されています。朝鮮半島の近代経済構造の発展を主に研究されていますが、日韓双方で話題のベストセラー『反日種族主義』の李栄薫元教授らの拠点である「落星台経済研究所」の初代所長でもあり、韓国の公式歴史観には批判的立場をとってこられた。 李 韓日関係を考える上での原風景は、やはり生まれ故郷にあります。韓国では8月15日を「光復節」と呼んでいますが、陜川は田舎だからでしょうか、人々が万歳を叫んだような記憶はありません。私の兄が「日本は追い出され米国がきた」などと喜んでいましたが、むしろ村の大人たちは「韓国人の地主よりも日本人の方が優しく接してくれた」と昔を振り返っていましたね。 黒田 ところがそれから75年も経つのに、日韓の歴史問題は混迷を深める一方です。  なかでも最近の懸案は、朝鮮半島出身の労働者を巡るいわゆる徴用工補償問題です。2018年10月、遺族らが新日鐵住金(現・日本製鉄)に対して賠償を求めた裁判で、韓国の大法院(最高裁判所)は原告4人へ1人あたり1億ウォン(約1000万円)を支払うよう命じました。この判決の結果、日本製鉄が持っている韓国の鉄鋼会社POSCO(旧・浦項総合製鉄)との合弁会社の株式などの資産が差し押さえられました。 李 あれはとんでもない判決です。そもそも1965年の韓日国交正常化の際の請求権協定により、両国間の請求権は完全かつ最終的に解決しています。協定内容を歪曲していると言われても仕方ありません。 黒田 8月4日には判決を日本製鉄側に通達する「公示期限」を迎え、資産の現金化が可能になりました。8月15日の「光復節」に向け、文在寅政権がまた何か仕掛けてくるのではないかと懸念されています。

本文:7,381文字

写真:3
  • 李大根氏(成均館大名誉教授)
  • 徴用工像前でのデモ (c)共同通信社
  • 文大統領は何を仕掛けてくるか (c)共同通信社

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

李 大根,黒田 勝弘/文藝春秋 2020年9月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます