Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「登録車」は相変わらず前年比マイナス! 「軽自動車」だけがコロナ禍からいち早く「回復」できたワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

7月の新車販売台数の40%を軽自動車が占める

 ほかの業種と同様、クルマの売れ行きもコロナ禍により大きな打撃を受けた。2020年4月の国内販売台数は、対前年比で28.6%減っている。5月は44.9%に拡大して、6月も19.8%のマイナスだった。 【写真】120km/h区間も余裕の軽自動車6選!  しかし7月は減少が13.7%に収まる。小型/普通車は20.4%減ったが、軽自動車は1.1%だから、前年と同等に回復してきた。その結果、7月は国内で新車として売られたクルマの40%が軽自動車だ。2020年1~7月の累計で見ると、軽自動車比率は37%だが、7月は大幅に増えた。  つまり需要の回復が、軽自動車は小型/普通車よりも早く訪れている。とくにスズキの軽自動車届け出台数は、対前年比が11.4%のプラスになった。ダイハツも1%増えている。マツダは10.8%増加した。  そこで各軽自動車の売れ行きを見ると、スズキは新型になったハスラーの上乗せ効果が大きい。発売は2020年1月(発表は2019年12月)だから、7月は前年の2倍以上売れた。スペーシアも5.1%増えて、ジムニーは台数自体は少ないが、前年の1.6倍届け出されている。  ダイハツの軽自動車の対前年比は、7月もマイナスが目立つが、新型車のタフトが加わった。この届け出台数が他車の減少を補って、ダイハツ全体では1%の微増になった。  マツダも台数自体は少ないが、ハスラーのOEM車になるフレアクロスオーバーは前年の3倍以上売れた。  このような新車効果に加えて、ほかの軽自動車の需要回復も早い。ダイハツの販売店に尋ねると「コロナ禍で営業時間を短縮したが、飲食店と違って休業要請は受けていない。来店されるお客様には手の消毒をお願いして、商談スペースにも透明の間仕切りを設けた。感染を防ぐ対策を施しながら営業を続けた結果、6月からは需要が戻っている。タフトの販売も堅調」という。

各モデルの納期の差も販売台数に影響している

 5月の時点では、生産や流通の滞りもあり、ダイハツ・タントの届け出台数は前年に比べて77.4%、スズキ・スペーシアも67.2%減った。この状況が回復して、新型車になるスズキ・ハスラーやダイハツ・タフトの販売増加もあり、軽自動車は需要を早期に回復できた。  一方、小型/普通車は、軽自動車に比べて納期が長い。とくに7月に小型/普通車の登録台数ランキングで1位になったトヨタ・ヤリス、2位のトヨタ・ライズは、両車ともに現時点でも納期が3か月を要する。同ランキングで3位のトヨタ・ハリアーは大半の納期が4か月で、上級グレードのZは6~8か月だ。最長の場合、2020年8月に契約しても納車は2021年の4月頃になる。  このような状況だから、7月に登録されたヤリスやライズは、緊急事態宣言の発令で外出を自粛していた4月に契約された。登録台数の多い新型車の納期が長いために、小型/普通車は需要の回復も遅い。  この違いは、カテゴリー別の対前年比を時系列で振り返ると良くわかる。2020年4月の対前年比は、軽自動車が35.5%の減少で、小型/普通車は25.5%と落ち込みが小さかった。この時期に登録された人気車のヤリスやフィットは、2020年1月の予約受注で契約され、コロナ禍の影響も受けていなかったからだ。  その点で軽自動車は、納期が短いから、緊急事態宣言の影響を即座に受けた。従って軽自動車は対前年比の落ち込みも大きい。5月になると、小型/普通車も40.2%減ったが、軽自動車はさらに多く52.7%の減少だった。  それが6月に入ると、来店者も戻り始めて軽自動車のマイナスは17.3%と小さくなったが、小型/普通車は納期の違いで26%の減少が続いた。7月は前述のように軽自動車の減少は1.1%に収まったが、小型/普通車は依然として20.4%のマイナスだ。  以上のようにコロナ禍による対前年比の落ち込みには、過去1年以内に発売された新型車の動向、新車の納期など、いろいろな事情が影響を与えている。

渡辺陽一郎

【関連記事】