Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「全盛期の7割あれば十分」 水谷隼、最後の大舞台へ懸ける思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

「男子選手の団体候補選手は水谷隼」――。1月6日の卓球日本代表候補発表会見の席上、倉嶋洋介監督が静かに口を開いた。その様子を水谷は自身のスマートフォン越しに眺めていた。「よっしゃ!」。思わずつぶやく。周りにいた大島祐哉や田添兄弟が祝福の声を掛ける。少し遅めの昼食を取りながらのことだった。 【写真】以前「実は1年間、球がほとんど見えない」と告白した水谷隼 同日、水谷はTwitterにこんな投稿をした。 「東京オリンピックの代表に選出されました 自分を選んだこと後悔させません ロンドン、リオと団体戦無敗なのでそのまま東京でも全勝して自ら引退の花道を飾ります こんな自分ですがもう少しだけお付き合いください」 日本の卓球界を牽引してきた男が最後の大舞台に臨む。覚悟が滲んだ97文字だった。 (取材:川嶋弘文・ラリーズ編集長)

「プレッシャーがあった」 苦しい選考レースの日々

「実は今、一番しっくりきているんです。ここからもう半年、もうヒト伸びできるんじゃないかって思っているんです」。 実は水谷は昨年末にラケットを新調した。今までの持ち手がまっすぐのストレートラケットから、持ち手が末広がりになっているフレアタイプに変更したのだ。 「ストレートだとフォアとバックの切り返しが難しいんで。フレアの方がフォアとバックの切り返しがやりやすくて、特にバックのボールに対してフレアの方がいいボール打てる。これからさらに自分を成長させるなら、フレアの方がいい」。 ミリの単位でボールさばきの技術が要求される卓球において、ラケット変更は勇気のいることだ。だが、“いい”と思えば迷わず突き進む。水谷を突き動かすのはいつだってシンプルな理由だ。「強くなりたい」、それだけだ。 ただ、振り返れば、この1年は、苦しい時期が続いた。「シングルスの代表権を得るために勝たなきゃならないっていうプレッシャーがあった」と漏らす。 2019年、シングルスの代表権獲得に必要なポイントでは、張本智和(木下グループ)が頭ひとつ抜けており、続く丹羽孝希(スヴェンソン)と水谷は僅差で争っていた。 水谷の誤算だったのが、9月のT2ダイヤモンド中国大会の延期だ。当初、丹羽は出場せず、水谷が出場する予定で、出場するだけで400ポイントを獲得できる。4位に入れば600ポイント、優勝すれば1000ポイントを獲得できる大会が中止になってしまったのだ。当時のポイント差は555Ptで水谷がリードしていた。T2中国でポイントを獲得し、丹羽を突き放すつもりだった。 続くT2シンガポール大会でも水谷のみの参戦予定だったところが中国選手の不参加が相次ぎ、丹羽が急遽、繰り上げ参戦。2つのT2でポイントを加算しようと目論んでいた水谷にとっては不運が重なった。 結果、水谷が出場できなかった11月の男子W杯で丹羽がベスト8に入り、ポイントで丹羽が逆転し、水谷を一歩リードした。 12月に中国で行われた選考レース最後の戦いであるグランドファイナル、代表選考に必要なポイントで丹羽に逆転を許していた水谷は今大会ではベスト4に入ることが最低条件とされていた。世界トップクラスの選手が集うグランドファイナルでベスト4に入るのは至難の業だ。結果、水谷は1回戦で姿を消した。過去2戦負けなしのブラジルの若手、ウーゴ・カルデラノ相手に1-4で敗れてしまったのだ。 試合後、水谷は「今までにないぐらい卓球を嫌いになったというか、卓球をしている時が何よりもつらかった」と珍しく後ろ向きな言葉をこぼした。

【関連記事】

最終更新:
Rallys