Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3万円くらいで買えちゃうエクスペリア。「Xperia 8 Lite」登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

エントリーまでしっかりとカバー。 先日、「Xperia三銃士を連れて来たよ!」と、「Xperia 1 II」「Xperia 1」「Xperia 5」を引っさげて国内SIMフリー市場への参入を発表したソニーモバイル。 【全画像をみる】3万円くらいで買えちゃうエクスペリア。「Xperia 8 Lite」登場 それぞれキャリア版よりスペックアップしていて売る気がすごかった印象ですが、追い打ちをかけるように、格安でエントリーなXperiaが追加されます。 追加戦士は、Xperiaの最エントリーモデル「Xperia 8 Lite」です。 まずはスペックからチェックしてみましょう。SoCはSnapdragon 630で、RAM4GB、ROM64GB(microSDXV。画面は6.0インチ液晶(FHD+)、カメラはメイン1200万画素+800万画素の2眼、フロントは800万画素。 THEエントリーといった仕様ですね。RAMとROMの少なさはちょっと気になりますが、microSDカードも使えるので、普段つかい用と割り切れば、選びやすいラインかも。 ベゼルは薄くないけどXperia 5同様、画面比率は21:9と最近のスマホっぽさもあります。また、液晶とは言え技術はソニーのトリルミナスディスプレイ for mobile。映像コンテンツでの表現力も期待できそう。

Liteと言ってもXperia 8とほぼ同じ

ちなみにキャリアやサブブランドで販売されている「Xperia 8」とどう違うの?というと、寸法、SoC、メモリ、ディスプレイ、カメラ、防水規格、おサイフケータイなどは同じ。バッテリー容量が110mAh増えました(2760mAh→2870mAh)。一方で圧縮音源を、ハイレゾ相当の高解像度音源に変換できる「DSEE HX」はオミットされています。 あとはホワイト・ブラックの2色展開。というくらいの違いですね。Xperia 8のau版のようなオレンジ、ブルーはありません。 Xperia 8と比べると「Lite」と言う割にはほとんどスペックダウンがなくて(無印Xperia 8がもともとエントリーモデルなので、これ以上落とされると正直キツイって話しもありますが)、「ザ・たっち」かな?ってくらいのそっくりさんです。 価格は取り扱いキャリアによってまちまちですが、2万6800円~3万2880円(税別)。 現在、Xperia体験を最もリーズナブルに得られる1台。販売予定日は9月1日で、国内のMVNOで広く取り扱われる予定です。 格安SIMへの乗り換えで、おサイフケータイ&防水対応のエントリー機種を探しているなら、候補にどうぞ! Source: ソニーモバイル

小暮ひさのり

【関連記事】