Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今市隆二と登坂広臣が語る、withコロナ時代の音楽的ビジョン、三代目とソロの未来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの今市隆二と登坂広臣によるライブ映像作品『LDH PERFECT YEAR 2020 SPECIAL SHOWCASE RYUJI IMAICHI / HIROOMI TOSAKA』がリリースされた。 【撮りおろし写真】今市隆二と登坂広臣(画像4点) 今市は『ZONE OF GOLD』、登坂は『Who Are You?』という2020年の年頭にそれぞれ発表したニューアルバムを引っさげてのスペシャルなパッケージツアー(二本立てのライブ)でもあり、一昨年のソロライブのセトリにはなかった曲も多数披露。ソロでは初となるドームという大舞台で、空へ飛翔していくような今市のヴォーカルと、深く潜っていくような登坂のヴォーカル、両者の個性が存分に発揮されたステージを合計33曲、約3時間というボリュームで収録。2人の成長が感じられるだけでなく、この2人がいる三代目 J SOUL BROTHERSってあらためて凄いグループだということが再確認できるのだ。 今回は両者のライブの話に限らず、7月2日から7日連続で行われているLDHのスペシャル配信ライブについて(三代目の配信ライブは7日に開催される)、コロナ禍の音楽活動やエンタテインメントのあり方など多岐にわたって2人がインタビューに応じてくれた。 ーRolling Stone Japanではコロナ禍のアーティストが何を考えているのかということにフォーカスを当て、いろいろな方にお話しを聞いてきたんですが、今市さんと登坂さんはStay Home期間中にどんなことを考えていましたか? 今市:ライブができなくなり、お客さんやファンの方とのコミュニケーションの場がどんどんなくなってしまった。でも音楽そのものは無くならないものだし、アーティストとしてやるべきことをやろうと思い、楽曲制作を続けました。「今すぐできることは何だろう?」と考えて未発表の曲を個人のインスタであげたりとか、とにかく発信することで、コロナで大変な思いをされている方や医療従事者の方の背中を少しでも後押しできたらいいなと思って、日々を過ごしてました。 登坂:僕も曲作りですね。ツアーの予定や、例えば何かのタイアップのお仕事であったり、そういうものに向けて曲を作ることもよくあるんですけど、いつもよりフリーダムにジャンルレスで「こういう曲はこれまで作ったことがないから試してみよう」とか、そういう感覚でできたんです。ネガティブに捉えるというよりは、時間を有意義に使おうと考えていました。コロナの最中より、アフターコロナの方が苦しむ人がたくさんいるかもしれない。そういう時にアーティストとして何ができるか準備をしようという感覚でいたかもしれないですね。 ーLDH PERFECT YEAR 2020で予定していた168公演のライブがコロナの影響で中止になってしまいました。ライブは自分たちの世界観を表現する上でも、またファンとのコミュニケーションという意味でも大事な場所だと思うのですが、LDHのエンタテインメントを担うお二人はこの事態をどう受け止めましたか? 今市:会社のことも含めて、デビューした頃とは比べ物にならないぐらい自分たちには責任感があります。168公演が中止になって影響は受けましたが、そこにとらわれていても仕方ないので、次の可能性を考えようと。そのなかで配信ライブやソーシャルディスタンスライブという選択肢が出てきました。 登坂:まず三代目に関して言うと、2020年は10周年イヤーなので、コロナがなければ実現していたプロジェクトやエンタテインメントが他にもあったのに……という気持ちは正直あります。LDH全体で見ると、僕らの一番の強みでもあるライブの場が失われてしまったとはいえ、こういう状況だからこそ変化していかなければいけない。世界的にもオンラインでのライブが主流になってくると思うので、そうなった時にLDHは他と何が違うんだろう?って。僕らが持つエンタテインメント性において、例えばパフォーマンス面でもそうですけど、自分たちにしかできないものが絶対あるはずなんです。そういったものをどんどん提示していかなきゃいけないなと。

【関連記事】