Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ナビタイム、バス専用ナビアプリで路線図の表示を変更、乗車中のバスの現在地などわかりやすく

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
トラベルボイス

ナビタイムジャパンは、バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」の「バス路線図」を、実際の道路網にあわせた表示を開始した。 同アプリの「バス路線図」は、日本全国のバス会社の路線とバス停を地図上に表示し、バス停の位置関係や、同じバス停を通る路線などの確認をできるようにしたもの。従来のものでは、バスの運行路線を、バス停間を直線で繋ぐことで表示していたが、今回の変更では、バスが走行する道路に沿って表示する形式に変更した。これにより、乗車中のバスの現在地や、目的地に向かう正しいバスに乗車できているのかを、より直感的に確認できるようにした。  同社によると、今回の表示変更は、同社が独自で整備したバス停の位置情報と経路探索技術を用い、各バス停間をルート検索することで実現した。まずは関東圏を中心に57事業者の路線から対応し、今後順次、拡大する。また、現在はAndroid OS向けアプリでのサービスとしているが、iOS向けアプリでも順次対応する予定だ。

トラベルボイス編集部

【関連記事】