Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前時代的だけど性能は一級品だった! OHVエンジンだけど頑張った国産車5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

実用的なOHVエンジンでもスポーティだったクルマたち

 現在、出力向上や燃費改善のために、シリンダーヘッドにある吸排気バルブのレイアウトや開閉タイミング設定の自由度の高さからDOHCエンジンが主流となっていますが、1990年代まで、国産乗用車ではすでに前時代的なOHVエンジンが残っていました。 【画像】今見てもカッコいい! 往年のOHVエンジン車をささっと見る!(18枚)

 OHVは「Over Head Valve(オーバーヘッドバルブ)」の略語で、エンジンの頭部であるシリンダーヘッドに動弁機構を設置し、シリンダーブロック側にカムシャフトが備えられ、プッシュロッドと呼ばれる棒状のパーツを介してバルブの開閉をおこなう方式です。  1940年代では一般的だったサイドバルブに比べて、OHVは燃焼室形状設計の自由度の高さや高回転化が可能で、燃費の改善や出力向上が図られました。  しかし、さらに高性能化に有利なSOHCが1970年代に普及すると、1980年代には一部のクロスカントリー車を除く国産乗用車から淘汰されていくことになりました。  一方で、過去にはOHVエンジンでもスポーティな走りを実現していたクルマも存在。そんなOHVエンジンで頑張っていた国産車を5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「ギャラン FTO」

 現在は、SUV、ミニバン、コンパクトカー、軽自動車を販売している三菱ですが、過去には魅力的なスペシャリティカーや、高性能モデルを数多くラインナップしていました。  スポーティカーのニーズが高まり始めていた1970年には、スタイリッシュな外観の2ドアファストバッククーペの「コルトギャランGTO」がデビュー。日本車離れしたスタイリッシュな外観で人気となりました  さらに1971年にはギャランGTOの弟分にあたるスポーティカーの「ギャランクーペFTO」を発売。  既存の1.4リッター4気筒OHVエンジンを転用し、ボディパーツも既存の車種から流用することで、開発期間の短縮とコストダウンを図り、スタイリッシュながら安価な価格設定を実現して、より若い世代に訴求しました。  スタンダードモデルの「GI」と「GII」のエンジンは最高出力86馬力です、トップグレードの「GIII」にはツインキャブの装着とシリンダーヘッド周りの専用チューニングが行われ95馬力を発揮。  軽量コンパクトな車体と相まって、優れた走行性能を獲得していました。  しかし、発売から2年後の1973年、マイナーチェンジでOHCの1.6リッターエンジン搭載車の登場と、1.4リッター車も新開発のOHCエンジンにスイッチされ、OHVエンジン車は短命に終わりました。

【関連記事】