Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメフト近大が惜敗「パス精度が悪すぎた」監督嘆く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊スポーツ

<関西学生アメリカンフットボール:神戸大15-10近大>◇18日◇王子スタジアム 近大が初の甲子園ボウル出場を目指したが、神戸大に阻まれた。 【写真】第3Q、タッチダウンを決める神戸大RB東瀬 QB清水の計87ヤードのランを筆頭に、RB河田の79ヤード、RB佐藤の64ヤードなど、足で神戸大を苦しめたが、後半に1本もTDを決めきれず、敗れた。大城健一監督は「パスが決まらな過ぎた。清水は走ってなんぼ。パスの精度が悪過ぎた」と嘆いた。

【関連記事】