Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Tシャツにでかでかと「警告」 障がい者への無理解をデザインに 100枚完売、パンクバンドからも注文

配信

withnews

自閉症スペクトラムの人と接するときは、「言う」だけでなく「見てわかる」ように伝えてほしい――。そんな思いが込められたTシャツを、大阪市にある社会福祉法人がつくりました。Tシャツに書かれているのは、児童精神科医のある言葉。「福祉に興味がない人にこそ興味を持ってもらいたい」と作られたTシャツは、6月末までに100枚近くが売れました。コロナ禍で作られた「文字だらけ」のTシャツに託した思いを聞きました。(金澤ひかり) 【イラスト】「てきとう」がわからない、忙しそうな人に遠慮…そんなとき、どうしたら 発達障害「虎の巻」

「名言をTシャツに」

黒地に大きなゴチック体の文字で「警告」。可愛いイラストが描かれているわけでもないこのTシャツをツイッターのタイムラインで見かけたとき、最初に抱いた感想は「仰々しいな…」でした。 ただ、その下たくさんの言葉が連なっているのに気付き、興味をひかれました。顔を近づけて読んでみると、「自閉スペクトラム」や「差別」「虐待」の言葉が含まれた長文です。 そう、ここには、自閉症スペクトラムの人に対する配慮が欠けていることを「心理的虐待ですらある」と警告する痛烈なメッセージが書かれていたのです。 Tシャツを作っているのは、大阪市の社会福祉法人ライフサポート協会の、Tシャツなどのウェアやグッズなどのプリント事業を手がける「SUL」というグループです。障害のある人たちも事業に携わっています。 Tシャツに書かれているメッセージは、児童精神科医の門眞一郎さんの言葉です。 【警告 自閉スペクトラム障害の人に、合理的配慮の1つである視覚的なコミュニケーション手段の選択を保障しないことは、権利の侵害であり、差別的行為であり、ネグレクトであり、心理的虐待ですらある ――アンチTシャツに書かれた児童精神科医の門眞一郎さんの言葉】 Tシャツ制作の発起人である、同法人の上田治彦さんは、障害者支援に関わる専門職向けの研修を企画した際、登壇した門さんのこのメッセージに心を打たれたといいます。 「この名言をTシャツにしたい」 思いを伝えると、門さんは快諾し、「自閉スペクトラム症への無理解に抗いたい」という思いを込め、「アンチTシャツ」と名付けました。 Tシャツのデザインを手がけた法人職員の阿部智也さんは、「福祉に関係する人でなくても、興味を持ってもらえるような熱い気持ちをのせた商品にしたかった」と話します。実際、大阪を中心に活動しているパンクバンドからも、「ライブで着用したい」と注文があったそう。

【関連記事】