Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界一幸せな可愛い動物「クオッカ」 豪から来日で一日も早く会いたい!

配信

CREA WEB

“世界一幸せな動物”クオッカワラビーがやってきた!

 下膨れのほっぺに、つぶらな瞳とちょこんと揃った前足、下からのアングルでは口角が上がって見え、ニコニコしているみたい。「クオッカワラビー」は“世界一幸せな動物”とも呼ばれています。 【記事】オーストラリアの赤ちゃんコアラ! 無料動画で癒やしの時間  これまでオーストラリアでしか会えなかったクオッカが、日本にやってきました。  オス2頭、メス2頭のクオッカを迎えたばかりの、埼玉県こども動物自然公園園長の田中さんにお話を聞きました。

クオッカがやってきたのは埼玉県こども動物自然公園

 4頭のクオッカワラビーが日本にやってきたのは、埼玉県こども動物自然公園。埼玉県東松山市にある動物園で、2020年5月現在は臨時休園となっています。  40年の歴史を誇り、その記念にオーストラリアからクオッカがやってきました。  現在、オーストラリア以外の動物園で飼育されるのは、なんと世界でここだけ。なぜ、実現したのでしょうか。 「2年以上前から準備をしていました。最初はまったくご縁のないところから、オーストラリアの動物園の会議などに積極的に参加し、希望を伝え、当園をアピールし、ようやく夢がかなったところです」(埼玉県こども動物自然公園 田中園長)  オーストラリアとのコネクション作りからのプロジェクトだったのですね! でも、なぜクオッカだったんですか?  「当園は34年前にオーストラリアからコアラを寄贈されており、オーストラリア固有の動物の飼育環境が充実しています。  ですから、40年の節目を迎えるにあたり、新たなメンバーを迎えるなら『クオッカしかいない! 』と感じていたのです」  確かに、埼玉県こども動物自然公園ではコアラの赤ちゃんが毎年のように誕生し、誕生の瞬間を捉えた動画が話題となったこともあります。  この公園は、実は小さなオーストラリアだったのですね! 

飼育員さんだけが知るクオッカたちの様子は?

 現在クオッカたちは、見知らぬ土地でどのような様子なのでしょうか。 「最初は緊張していました。意外と神経質な面もあって、繊細。外の物音やにおいなどに敏感です。ただ、やはりイメージどおり好奇心旺盛なところもあり、環境にもスタッフにも慣れつつあります」  長い移動や気候の変化にびっくりしてしまいますよね。一日も早く慣れますように。  意外だったクオッカの素顔はありますか?  「前足の力がとても強いことです。餌や木の枝は、しっかり掴んで食べています。体は小さいのに、前足の力はとても強いです。4頭それぞれに個性が出てきて、やはり魅力的な動物です」

【関連記事】