Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長洲未来が2度目の手術を報告 「最大の生き地獄」と辛さ表現、甦った五輪の記憶とは

配信

THE ANSWER

自身のインスタグラムを3度に渡り更新「五輪には良い思い出も悪い思い出も…」

 フィギュアスケートの平昌五輪団体銅メダリスト・長洲未来(米国)がインスタグラムを更新。2週間前に自身2度目の臀部の手術を受けたことを明かすとともに、6月23日のオリンピック・デーに合わせ、出場した五輪にまつわる思い出をつづった。 【画像】「最大の生き地獄でした」と告白 入院中のベッドに横たわり、おにぎりを食べる表情は…長洲未来が投稿した手術期間中の写真  長洲はオリンピック・デーに合わせ、3度に渡ってインスタグラムを更新。1つめの投稿には平昌五輪での演技写真と、ギブスをして病院のベッドで食事をとっている写真を公開している。「五輪に関しては、良い思い出も悪い思い出もたくさんあり、それを消化するには何時間も何年も時間がかかってしまいます。しかし、今となっては、その五輪という日の重要さに心が乱されることはありません」とつづっている。  続けて「五輪を振り返れば、不安や気持ちの落ち込みという負のスパイラルに対し、自分というものをしっかり持とうとする毎日でした。ただ、そうした中でも仲間のスケーターのSNSでの投稿を見るとそうした不安を打ち明けても良いのだと分かりました。不安なのは自分だけではないとも理解でき、それは自分をさらけ出す勇気を与えてくれたのです」と、抱えている不安をさらけ出すことの大切さについて記している。  2つめの投稿には、病院のベッドでおにぎりを食べている写真などを公開。「2週間前に2度目の臀部の手術を受けたのですが、この2週間は人生最大の生き地獄でした」と辛い手術を受けていたことを明かしている。

五輪に向けた厳しい練習も回顧「痛みを押していましたね」

 2年前の平昌五輪では米国の団体銅メダル獲得に貢献。「(手術にあたり)五輪に向けて生きるか死ぬかといった状況でトレーニングをしていたことを思い出しました。その後に手術をしなければならなくなるわけですが、痛みを押していましたね」と当時の厳しいトレーニングを回顧している。  続けて「しかしその時は、2014年に切り抜けられたように肉体的に回復するとは思っていませんでしたね。だから、日々、今日が人生最後の日という気持ちでトレーニングをしていたんですよ。そして、2018年に手術を受けるとなった時、これでもう痛みを感じることなくスケートができると思ったんです」と五輪後の正直な気持ちを思い出して記している。  3つ目の投稿には、ネイサン・チェンら米国チームが手をつないで並び、喜ぶ写真を公開。「少しわがままで、難しい感情を投稿してしまってごめんなさい。でも、オリンピックデー、おめでとう。そして、自分の夢が『馬鹿げている』や『叶いっこない』なんて周りに言わせないようにしましょう。自分もきっとスケートに戻ってこられると思っています」と氷上復帰への決意も記していた。

THE ANSWER編集部

【関連記事】