Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本仕様のタイカンをいち早く展示する『Porsche NOW TOKYO』が東京有明にオープン

配信

オートスポーツweb

 ポルシェジャパンは2020年7月9日、東武有明フィールド(東京都江東区有明)に、2020年7月9日(木)~2021年8月31日(火)までの期間限定で日本初のポップアップストア『Porsche NOW TOKYO』をオープンすると発表した。 【写真】ポルシェジャパン代表取締役社長 ミヒャエル・キルシュとフル電動スポーツカー、タイカン  Porsche NOW TOKYOは、ガラスを全面に採用したレイアウトが採用され近年、ポルシェが注力しているE-パフォーマンスモデルにフォーカスを当てたショールームだ。  店舗内にはポルシェ初のフル電動スポーツカーである『タイカン』が展示されるほか、ガソリンと電気で走るプラグインハイブリッドモデルが用意され、実際に充電の体験や試乗が可能。  また、新たな試みとして、『Porscheプロ』と『コンシェルジュ』が常駐し、ポルシェに関するあらゆる問い合わせに対応する。さらに、実在するサーキットでの走行を疑似体験できるVRコンテンツが用意された他、最新のポルシェ・ドライバーズ・セレクションも取り扱う。  ポルシェジャパンが都市型充電ステーションとして、東京・名古屋・大阪に配置を予定している150kW級の出力を誇る、ポルシェターボチャージングステーションが設置されたこともトピックのひとつだ。 ■将来のEV社会に向けて、充電設備の拡充を予定  ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長は「『Porsche NOW TOKYO』ではこれまでポルシェブランドと接点がなかったお客様に特にアピールしていきたい。タイカンをはじめ、最新のスポーツカーに直に触れて楽しんでもらいたい」とコメント。  また、今回のオンライン会見では、ポルシェ初のフル電動スポーツカー『タイカン』の車両説明、車両価格、ポルシェジャパン独自の充電インフラネットワークについても説明が行われた。  前述のとおり、『タイカン』はポルシェ初のフル電動スポーツカーだ。高剛性かつ軽量なボディ、低重心設計、卓越したエアロダイナミクス性能により、快適な乗り心地を実現したこのモデルは、2基の永久磁石シンクロナスモーターと高速充電を実現する800Vの電圧システム、リヤアクスル用に新開発された自動切式2速トランスミッションが採用されている。  インテリアは初代911から受け継いだ伝統と新技術が融合した設計に。ドライバーの正面のインストゥルメントクラスターはフルデジタル化され、ホーム画面からすべての機能に直接アクセスできるオペレーティングシステムを搭載。助手席正面にも10.9インチのフロントパッセンジャーディスプレイがオプション設定される。  日本仕様のタイカンは安全装備も充実しており、レーンチェンジアシスト、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビュー付きパークアシストなどが標準装備となる。  タイカンの充電は自宅でのホームチャージング、正規販売店での充電、またはポルシェターボチャージングステーションで行う。ホームチャージングは最大出力8kW、フル充電は10~12時間で可能。正規販売店ではポルシェターボチャージャーを利用し、出力150kW(5AC/1-2DC)で、約24分で80%まで充電できる。なお、ポルシェは2020年に21拠点、2023年には44拠点まで広げることを予定している。  同じく約24分で80%の充電が可能なポルシェターボチャージングステーションは今後、大阪2カ所4基、名古屋2カ所4基、東京4カ所8基の設置が予定されている。  ポルシェ初のEVスポーツに用意されたグレードは『タイカン4S』(1448万1000円)、『タイカンターボ』(2023万1000円)、『タイカンターボS』(2454万1000円)の3つ。そんな同モデルの展示スケジュールは、2020年8月以降から主要都市にてポップアップイベントを実施、同年11月には全国のポルシェ正規販売店にて日本仕様の展示が予定されている。2020年末には、街中を颯爽と走るタイカンを見かけることができるだろう。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】