Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈コンバース フォー ロンハーマン〉いつの時代も大人の品格は靴に表れる!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Safari Online

無駄のない黒×白のシックなデザインで汎用性も抜群!

[コンバース フォー ロンハーマン/黒スウェードスニーカー] 近頃また、ワイドショーを騒がせているのが、LAに移住したヘンリー王子とメーガン妃。夫妻を擁護した暴露本『自由を探して』が文句ばかり!? と議論を呼んでいるが、王室離脱の元祖といえばエドワード8世。ヘンリー王子と同様、離婚歴のあるアメリカ人女性と結婚するために王座を捨てた“王冠をかけた恋”は今も語り継がれるロマンス。 さらに気さくで、格好よく国民に愛された(かつての話だが……)ことまで共通しているが、お洒落となるとエドワード8世のほうが上手。トレンドセッターとして数々のスタイルを流行らせ、彼が発信源となったアイテムのひとつにはスウェード靴も。当時は男性が履くことがなく、型破りといえるチョイスだったとか。

なるほど元ロイヤルの審美眼にかなった経歴ゆえか、スウェード靴には素朴でありながら、どこか上品な雰囲気が漂う。たとえば、〈ロンハーマン〉が〈コンバース〉に別注をかけたスニーカーを見てほしい。表革を使ったインラインモデルに対し、コチラは深みのある黒スウェードを採用。カジュアルでありながら、大人の品格が漂ってません? さすが希代の洒落者のセンスは現代にも通用。こんな型破りなら、いつの時代も大歓迎!

【関連記事】