Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ECモール「Qoo10」と出版社が組んだ「メディア+EC」――流通総額や新規客の増加などに効果あり

配信

ネットショップ担当者フォーラム

出版社の編集コンテンツ力とECの販売を掛け合わせて相乗効果を生み出す――。こんな取り組みがeBay Japanが運営するECモール「Qoo10」で始まった。タッグを組んだのは、学研プラスが運営するダイエット・健康情報Webメディア『FYTTE(フィッテ)』。コンテンツからECサイトへの購入を促すコンテンツECは一部事業会社や出版社で行われているが、“餅は餅屋”の視点での協業にはどんな狙い、効果があるのか?ECサイトと出版社のコンテンツ力の掛け合わせから、ビジネスとして生み出される新たな価値の可能性を探った。  

ECモール×Webメディアの協業内容は?

協業内容は、『FYTTE』がWebメディアで行ったアワード「FYTTEダイエット&ヘルス大賞2020」をeBay Japanが活用。「Qoo10」内で「FYTTEダイエット&ヘルス大賞2020」受賞商品の一部を扱う特設販売コーナーを設けるというもの。

特設ページでは、「FYTTEダイエット&ヘルス大賞2020」でランクインした商品について、“コストパフォーマンス”などの観点から扱っている出店者の販売商品を掲載。クリックすると商品詳細ページに移動する仕組みとなっている。

「Qoo10」ではこれまで、モール内で販売している商品の売れ筋「ランキング」は掲載してきたが、第三者がさまざまな視点で評価するアワードをECモール内に活用し、販売につなげる取り組みは初めて。 『FYTTE』もECモールにコンテンツ企画を提供する協業を行うのは初めてとのこと。 『FYTTE』は1989年に女性向けの美容健康雑誌として創刊。2016年にWebメディアへ完全移行し、「ダイエット」「ヘルスケア」「ビューティ」を中心に20~40代の女性のライフスタイルを応援するコンテンツを配信している。

「FYTTEダイエット&ヘルス大賞2020」は、「野菜&フルーツジュース・スムージー部門」「健康茶部門」「プロテイン部門」など25の部門で、『FYTTE』の読者1000人と編集部が「これは使ってよかった!」「これをぜひ試してみたい!」と声の高かったアイテムをランキング形式で表彰するアワード。