Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無断欠勤で会長の怒りを買ったバロテッリ、練習場に赴くも門前払い食らう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

トレーニングの無断欠勤が続いていたブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが門前払いを食らったようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 【画像】フェンスの前で足止めされるバロテッリ 昨夏、故郷ブレシアにフリーで加入したバロテッリは、ここまでのセリエAの19試合で5ゴールを記録。ピッチ内ではまずまずの結果を残していたが、オフ・ザ・ピッチの問題行動は相変わらずだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)による長期中断を経て、今月中旬のセリエA再開に向けてチームが再始動した中、ここまで複数回に渡ってチーム練習を無断欠席。その後、4日には自身の公式『インスタグラム』を通じて、練習欠席の理由が胃の問題からくる体調不良だと釈明したが、業を煮やしたマッシモ・チェリーノ会長は「彼の獲得は間違いだった」と契約解除もやぶさかではない意向を示していた。 そして9日、バロテッリは満を持して練習場へ。しかし、警備員に施設への入場を阻まれ門前払い。渋々踵を返し、自宅に戻ったようだ。 『ミラー』によると、バロテッリは前日夜にクラブにメールで翌日の出席を伝えていたが、関係者がメールに気づいたのは当日の朝のことで、バロテッリが練習参加に必要な健康診断書が用意できなかったという。 また、その場から立ち去る際にもクラブ関係者に「今は練習に参加したくない」と伝言を残した模様。果たして去就はどうなるのだろうか。イタリア『スカイ』は10日の練習で再び顔を出すだろうと伝えている。

超WORLDサッカー!

【関連記事】