Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

衆議院静岡4区補欠選挙には新人4人が立候補!4月26日投開票 静岡県

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

4月14日に告示された衆議院静岡4区補欠選挙(以下、静岡4区補選)には、届出順に無所属の山口賢三氏(72)、立憲民主・国民民主・共産・社民の4党が推薦する無所属の田中健氏(42)、自民党公認で公明党が推薦する深沢陽一氏(43)、NHKから国民を守る党公認の田中健氏(54)の4名が立候補しています。投開票は4月26日に行われます。 望月義夫元環境相の死去に伴う今回の静岡4区補選は、新型コロナウイルスの感染防止に向けた政府の対応や対策への評価などが争点と考えられています。

SDGsの実践や「ノアの方舟構想」でみな幸福に。山口賢三氏

山口賢三氏は旧 庵原郡高部村大内(現 静岡市清水区)生まれ、静岡県立清水工業高校卒業。水道工事会社勤務や設備設計事務所の経営などを経験してきました。1997年の旧 清水市長選や清水市議選に2回立候補していますがいずれも落選しました。現在はソフトエネルギー県人会議の代表を務めています。

山口氏は以下の政策を掲げています。

衆議院で全国初の野党統一候補として、一強に挑みたい。田中健氏(42歳)

無所属の田中健氏は旧 富士川町(現 富士市)生まれ、青山学院大学経済学部卒業。第一勧業銀行、みずほ銀行での勤務を経て、2003年の大田区議選に初当選。2007年には東京都議補選に立候補しましたが落選し、衆議院議員の秘書を務めます。2009年の東京都議選に初当選、2013年には再選し都議を2期務めました。2017年衆院選で静岡4区から立候補するも次点で落選しています。

田中氏は以下の政策を掲げています。

望月氏の政策を継承し、さらに創造していきたい。深沢陽一氏

深沢氏は静岡市清水区生まれ、信州大学工学部生産システム工学科卒業。衆議院議員・原田昇左右氏、原田令嗣氏の秘書を経て、2005年から静岡市議を2期6年、2011年から静岡県議を3期9年目務めてきました。現在は自民党衆議院静岡第4区支部長を務めています。

深沢氏は以下の政策を掲げています。

NHKの受信料問題の解決に取り組みたい。田中健氏(54歳)

NHKから国民を守る党の田中氏は東京都江戸川区生まれ、千葉大学教育学部小学校教員養成課程卒業。1995年の江戸川区議選に初当選し、通算5期務めました。2019年の江戸川区議選や参院選等にも立候補しましたが、いずれも落選しています。

【関連記事】